スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寂しがり屋の小さな友達

12月からが冬、と思うことにしている。
日々の天気や気温の変化に右往左往するのが煩わしいからだ。

冬になると、外で暮らす生き物たちは食べる物に困るようになる。
小さな虫たちは姿を消し、木の実は落ちてしまい、道端の草も枯れてしまう。

レオがスズメを間近で見られるようにと思って、以前からバルコニーに小鳥の餌を
置いているが、この週末から餌皿をもう1つ増やした。
レオのためにもなるし、スズメたちのためにもなるか、と思って。

すると、案の定、スズメたちがやってくるようになった。
友達をお誘いあわせの上、遠慮なく、たくさん食べてくれ。 

IMG_1647_convert_20121202142058.jpg


レオの真剣さも、ハンパない。 よかったな、来てくれて。

IMG_1643_convert_20121202141945.jpg


冬支度をするために、押し入れを開けて、羽根布団やらホットカーペットやらを
ごそごそ出していると、音もなく、どこからともなく、突撃隊がやってくる。

何の迷いもなく、全くためらうこともなく、気持ちいいくらい真一直線に、
押し入れの中へと突撃する。

世の中に果たして一直線なるものがどれくらい存在するのかは知らないが、
これほどまでに一直線な一直線は他にはあるまい、と思わせる一直線である。

夏休みに押し入れの中を大掃除して、いらないものをまとめて捨てたので、
押し入れの中は歩き回れるスペースができて、レオには格好の探検場所になっている。 
散らかっていた小物をまとめて詰めた紙袋に顔を突っ込んでみたり、
季節家電の入った箱の上に乗ってみたり。
探検中は、目がキラキラ。 全てがお宝の山らしい。

楽しそうな姿を見るためにしばらくは入り口で待機しているが、レオはこちらを
ちらちらと見ては奥へ奥へと潜っていくので、その場を離れて別の部屋に行くと、
いつの間にかそばに来て、足元に座っている。 

何、どうしたの、もっと遊んでいていいのに。
そう言っても、そばから離れない。

IMG_1563_convert_20121201152314.jpg
                         【 もういいの。 】

いいの、って、本当は、心細かったんじゃないの? 
男のくせに、いいのか? そんなことで。

IMG_1586_convert_20121201152854.jpg
                         【 飽きただけ~ 】


野に生きるスズメの寿命は、平均すると2年だと言われている。
でも、人が飼うともっと長生きするんだそうだ。
自由に生きる2年と、かごの中でもっと長く生きる一生。
一体、どちらが幸せなのか。

いずれにせよ、本来生き物として持って生まれてきた生きる時間を全うできない
個体がいかに多いかということだが、そうだったら、少しでも元気でいられるよう、
これからも餌を置こうと思う。
今日やってきたスズメと来週やってくるスズメは、もう違う個体なのかもしれない。

そのついででいいから、レオと友達になって欲しいと思う。
本人は認めないようだけど、本当は寂しがり屋だから。




スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://quatour.blog.fc2.com/tb.php/88-82c1a2ba

Comment

ひろ

こんばんは。寒くなりました。

ネコはマイペースで一人でいるのが好きなように思っている人もいますが、実際には寂しがりやですよね。気がつくと近くにいます。
リアノンさんが近くにいればこそ、探検も楽しいってもんなんです。見ててよ、話しかけて!っていってます。
明日はさらに寒そうですが、お友達がたくさんくるといいです。
  • URL
  • 2012/12/02 19:56
  • Edit

カバ丸1号

リアノンさんこんばんは。
レオちゃん・・真剣ですね~
ちいちゃんも、若い時は・・
日がな一日、ツバメの巣の下で過しておりましたね~
本来、狩をしていたんでしょうから・・
リアノンさんのお陰で・・
スズメさんは、満腹になり・・
レオちゃんは、楽しみが増えるね。
  • URL
  • 2012/12/02 22:12

リアノン

ひろさん、こんばんは。 寒くなりましたね。

猫がこんなに人のころが好きだということを、もっと広めたいと思っています。
そうすれば、猫を捨てたりいじめる人が少しは減るんじゃないか、と思います。
だから、ヘタなブログでも一生懸命書いていこう、と思うのです。
猫と暮らしていない人にこそ、このブログを観てもらいたい・・・・

ちゃんと見てる? という感じで、こちらをちらちら見る様子が何ともかわいいのです。

寒い時期のスズメは、羽根の中に空気を溜めて、大きく膨らんで見えます。
天然のダウンジャケットみたいです。

  • URL
  • 2012/12/02 22:55

リアノン

カバ丸1号さん、こんばんは。

すごい真剣ですよ。 その証拠に、そばで掃除機をかけても逃げないんですから・・・・

ちいちゃんもそうでしたか~。 ツバメ、というところがかっこいい・・・・

スズメも、ネコも、みんなが元気で暮らして欲しいです。
それ以上のことは、何も望みません。

  • URL
  • 2012/12/02 23:03

イオリ72

お疲れ様です。

とても寒くなりましたね。窓辺で真剣にすずめを見ていたレオくんは声を出して鳴いていましたか?うちの猫たちはすずめやほかの鳥が庭にくると「カカカ」と声を出して興奮しています。
あと、クローゼットを開けると一直線なところとか共感が持てて面白いです。

別の部屋に行くといつの間にかそばに来ているところとか、猫は気ままなようでいて、寂しがり屋さんですよね^-^
  • URL
  • 2012/12/02 23:40

リアノン

イオリ72さん、こんにちは。 ほんと、寒くなりました。

スズメは毎日来るようになったので、もう慣れたらしく、カカカッ、とは
言わなくなりました。

レオのほうは、友達だと思っているかもしれません。
そうだといいんだが、と思います。  なにせ、寂しがりなもんで・・・・



  • URL
  • 2012/12/04 17:00

❤ビクママ❤

家でも「エサ」を置きたいけど、お隣さんがとにかく動物嫌いで。
私の里親探しのポスターを見てブログに「動物嫌いなお隣さん」と言ってコメントが入るのですよ。
「置きエサ」を発見されたらまた大事になりますので残念ながら出来ません(-"-)
レオくんが喜ぶ姿はさぞ可愛いでしょ。見ている私も可愛いと感じます。
ビクは大騒ぎになります。
完全室内飼いの猫ちゃんの楽しみって外を見て飛んでいる鳥達を見て虫を見て。
本当に限られた生活の中でベランダに来るスズメは特別に楽しい事でしょ。

押入れ探検楽しそう~家もチビッ子ギャングがとんでもない事をします^^;
とにかく元気が一番ですよねぇ(^_^)




  • URL
  • 2012/12/05 16:45

八朔かーさん

こんばんは。
初めてお邪魔させて頂きます、茶トラの八朔のかーさんと申します。

ご訪問の足跡からお邪魔に上がって、時間を見つけてやっと過去記事から全てを拝見致しました。
時折お約束のように、我が家の毛玉が膝の上で邪魔をしてくれましたが、一つ一つの記事に、深く頷いたり、クスッと笑わせて頂いたりと、貴重な時間を過ごさせて頂きました。
男性のお一人暮らしに、里親さんが厳しい基準を設けているのは存じておりましたし、実際、私も何度か里親にと思った事もありながら、どこかで違和感を感じてしまって、結局里親になることが無かった事も含めて、色々と考えさせられました。

流石に60にはまだ程遠いですが、私も連れ合いと二人そこそこな年齢です。
八朔を保護した時に、実は一番気がかりだったのもそこ…
この子が幸いにも20年を生き抜いてくれた時、果たして私は元気でいられるだろうか…と。

でも、考えても仕方が無い!と最近では開き直りです。
明日の事など誰にも解らない。
解らないのなら、今を精一杯でこの子と過ごそう。。と。
以前よりは健康に留意する様になったのも、八朔効果だと思っています。

またお邪魔させて頂きますね^^
寒くなりましたので、どうぞご自愛の程…

リアノン

❤ビクママ❤さん、こんにちは。 いつも拍手コメントありがとうございます。

なるほど、ご近所さん問題があるんですね。
住みづらくなってしまうようでは、元も子もないですもんね。

なわばりである家の中が安定しているのが最優先ですが、刺激が何もないのも
いささか問題です。 不規則にやってくるスズメは、とてもいい刺激だと思います。

普段入れない場所も時々チェックさせてあげて、心身ともに健康で元気で
いられるよう、人間側も楽しみながら生活しています。

  • URL
  • 2012/12/08 10:45

リアノン

八朔かーさん、初めまして。 コメント下さり、どうもありがとうございます。

貴ブログ、こちらも順番に読ませて頂いています。

外にいた仔を家に迎えることにした方々の、その時の経緯を読んだり聞いたりする
のがとても好きです。 八朔ちゃんとの出会いの話、いいなあ、と思いました。

私は、男性・単身・若くない、のトリプルパンチで、保護ボランティアの方々に
いわせれば、最悪の条件なんでしょうね。
保護猫を譲る・譲らない、ということ以前に、そもそも猫と暮らす資格がない、という
ことになるらしいです。

でも、ふふん、そんなことねーよ、ということを広く知って貰うために、
ぼちぼちブログを続けております。

私も、自分の身体を大事にするように変わりました。
猫は、いろんなものを私たちに授けてくれますね。

今後とも、よろしくお願い致します。

  • URL
  • 2012/12/08 11:07

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

リアノン

Author:リアノン
独身男の一人暮らし。

猫と暮らしたくて、一人で寂しい思いをしている子を、と思い里親募集に申し込んだら、一方的に断られた。

一人暮らしの男に猫と暮らす資格はあるのか? 

これが、このブログのテーマです。

フリーエリア

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。