スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつまでも見送り続ける朝

俺が大学2年の時、日本版エスクァイア誌にヘミングウェイのある未発表短編が
掲載されて話題になった。 平積みに置かれたこの雑誌を書店で見て、あわてて
買い求め、貪る様に読んだのを憶えている。

「A Train Trip(汽車の旅)」と題されたこの短編は、実は「新たに殺された騎士」
という途中で断筆された幻の長編の一断片で、そのために未発表のまま抽斗の中に
仕舞われていた。 彼の死後、それを短編として編集し直して新たに世に発表された。

傑作「日はまた昇る」の後、つまりそのキャリアが著しい上り坂にあった時期に
この断片は書かれたせいか、その内容は驚愕の素晴らしさだった。

父と子の物語、というのはヘミングウェイの生涯を通じての重要なモチーフの1つで、
この断片もその形式をとっている訳だが、父が子に諭すように語るいろんなこと、
汽車の中で起こる事件、それらが極めて簡素な文体で淡々と綴られていく。

この断片を含む未発表短編集を久し振りに読み返して、ここで語られる父と子の関係には
人と猫の関係がどうあるべきかについてのヒントが隠されているように思えた。


IMG_1423_convert_20121027115431.jpg


父親は眠っている子供を優しく起こし、食事を食べさせる。 一緒に旅に出ることを告げ、
梯子を登って屋根の煙突にバケツを被せるように言い、この家で過ごした日々のことを
忘れてはいけない、と教える。 汽車の中で血なまぐさい事件の予感をいち早く察して
子供にわざと間近でそれを目撃させて、そしてかつて体験したあることを語って聞かせる。

父は子を、こうしてまるで導くかのようにして世界の一端に触れさせる。
いつもそばで静かに見守り、その意味を静かに語る。 
ヘミングウェイは、人間の日々の営みの中に神話の原型を見ていたのだろう。

情報が溢れる今、人はつい、愛猫を可愛がるあまりに行動を必要以上に制限してしまう。
安全に暮らすための細やかな配慮は必要だが、「必要以上に」そうすることはないと思う。
せっかくこの世に生まれてきたのだ、この世界のことをたくさん知って欲しい。
そして俺は、ただ、それを静かに見守ってやりたい。

ヘミングウェイは愛猫家で、晩年、キー・ウエストの家でたくさんの猫と暮らした。
猫たちはきっと幸せだっただろう、と思う。


IMG_0603_convert_20120902102342.jpg
                    【 カメラ近すぎてウザいんですけど。 】


毎朝出かける時に、レオはお見送りをしてくれる。
いつも書斎の窓を少し開けておくのだが、ここから見送ってくれる。

歩いて行く途中、何度振り返っても、ずっとこちらを見ている。
俺の姿が見えなくなるまで、いつまでもいつまでも見送り続けている。

IMG_1414_convert_20121027103503.jpg
                          【 どこ行くの? 】


IMG_1415_convert_20121027103602.jpg
                          【 早く帰って来て。 】



スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://quatour.blog.fc2.com/tb.php/83-d3913983

Comment

カバ丸1号

中学生の時、『老人と海』を読みました。
この時が、ヘミングウェイとの初対面ーーー

お見送りをしているレオちゃん・・
踵を返し・・家に帰って・・
抱きしめたい・・
そんな衝動に駆られるでしょうね・・きっと。
可愛い過ぎです・・ヤラレター
  • URL
  • 2012/10/27 22:22

リアノン

カバ丸1号さん、こんにちは。

私も中学の夏休みの読書感想文の宿題のために「老人と海」を
読んだのが最初でした。 
薄い本だったので、これなら最後まで読めるかな、という理由でした。(笑)

踵を返す、という以前の問題で、この窓の前からなかなか最初の一歩がでない。
そんな感じです。

か細い声で鳴かれるので、ますます・・・・


  • URL
  • 2012/10/28 15:47

あやのすけ

最後の【早く帰って来て。】に胸きゅんきゅん。
まっすぐなまなざしが・・・たまりませんねー。

きゃぴばば

今 日本には「モンスターピアレント」なる化け物がいると知ったら
ヘミングウェイは何と思うでしょうね。
過保護は愛情からくるものか 単なる自己満足か...
猫達には 過保護になりたくてもならせてもらえませんけどね。
痛い思いをすえば学習するはず という私の思いをよそに
同じ失敗を何度もするアジルが可愛くて仕方ない私ですw w

レオくんのその姿。
無理です 私。
出掛けられません.....
  • URL
  • 2012/11/01 21:05

リアノン

あやのすけさん、こんにちは。

小さな声で鳴いて、一生懸命引き止めてきます。
なんとも、せつないです。

  • URL
  • 2012/11/02 15:03

リアノン

きゃぴばばさん、こんにちは。

友達の子供のクラスにもモンスターペアレンツがいるんだそうです。
その様子を傍でつぶさに見た友達は、気味が悪かったそうです。

ルディーのアビやソマリ好きの私も、アジル君がかわいいです。

出かけたくなくても、こればかりは・・・・

猫の可愛さも、たいがいにしてもらいたいもんです。
ヘタすると、人間廃業となり兼ねませんから・・・・

  • URL
  • 2012/11/02 15:18

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

リアノン

Author:リアノン
独身男の一人暮らし。

猫と暮らしたくて、一人で寂しい思いをしている子を、と思い里親募集に申し込んだら、一方的に断られた。

一人暮らしの男に猫と暮らす資格はあるのか? 

これが、このブログのテーマです。

フリーエリア

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。