スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

On と Off

人間、年をとると、オンとオフの境目が曖昧になってくる。

毎日の中で起こる出来事は既にこれまでに何度も経験済みだし、一見初めてのように
思えることに出くわしたとしても、結局、それは過去の出来事の相似形であったり、
仮に遭遇するのは初めてであっても、知識としてその内容を既に知っていたりする。

もちろん、世の中はもっと広くて複雑で、それに比べて、俺の世界があまりに
狭いだけだからだ。 世界の全てを知っている、という言うほど、愚かではない。

でも、現実問題として、その狭い世界の中で生きているのだし、そこではいろんなことが
一巡、二巡としていているように思える。
それは、まるで回転木馬の前に立ち、同じ木馬が何度も目の前にやって来るのを
見ているような感じなのだ。

だから、何がオンで、何がオフか、よくわからなくなってくる。

しかし、レオは違う。 
まだ、オンとオフがはっきりとしているように見える。

休日、俺が家にいるのがわかると、レオはオフ・モードになる。
安心したような、ちょっとつまらなそうな、不思議な表情になる。
そして、日中はほとんど眠っている。
一時間ほど熟睡して、そして起き上がって、また場所を変えて眠る。

やがて夜になり、晩御飯を食べた後も、昼間のムードを引き摺っているようで、
活発に遊ぶよりも静かに過ごすことを好む。

家で暮らす猫は野良猫とは違い、餌を探してまわる必要がなくて、
他に特にすることもないので、よく眠るらしい。 
きっと、それは幸せなことなんだろう。


IMG_1130_convert_20120825173140.jpg
                      【 ずっと姿が見えるから安心~ 】


夏休みが終わっていつもの日常に戻ると、レオはオンになる。
誰もいない日中はおそらく同じように1人気持ち良さそうに眠っているのだろうが、
俺が帰って来ると、「お帰り~」のお出迎えをしてくれて、すっきりした顔で過ごす。

退屈していたから、喜んでまとわりついてくる。
釣り竿型のおもちゃを追いかけ跳びつき、きりんくんのぬいぐるみを振り回し、
俺の右手とがっぷり組んでプロレスをする。

追いかけっこをして、家の中を走りまわってテンションが上がり、タワーに
変な格好でしがみついたり。


IMG_1147_convert_20120825172937.jpg
                          【 つかまるもんか~ 】


レオのオンとオフが切り替わる様子を見ていると、この仔はまだ若いんだな、と思う。
猫の4歳が人の何歳にあたる、というようなことではなく、この仔のちょっとした様子から
その内面を推し量るほうが、自分には何となくしっくりくる。

そして、その些細な様子に気が付くのに、このブログを書くことが一役買っている。

広島で、また単身の男による猫の虐待事件が起こったらしい。
このブログは誰かのためではなく、自分とレオのために書いているんだけど、
1人暮らしの男への風評被害を防ぐことにも、役立って欲しいと思う。


スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://quatour.blog.fc2.com/tb.php/73-9255ac09

Comment

ミシェル

わぁー!同じことを感じているヒトがいたーって、
さぁちゃんが喜んでいました。

なにが同じかというと、
ボクはさぁちゃんがお休みの日には、
あまりおいかけっこをしたり、
ボールを追いかけてダッシュしたり、
そういう元気いっぱいの遊びをしないなーって、
まさに今日も考えていたそうです。
ボクにはあたりまえのことなのですがね。

ボクもレオさんと同じ気持ちです。
  • URL
  • 2012/08/26 19:02

カバ丸1号

リアノンさん、こんばんは・・
私のオンボロPCの不具合か・・
FC2さんで、複数の画像の挿入が出来なくなってしまい・・
やむなくお引越しと・・あいなりました~
お手数ですが・・リンク変更お願いいたします~
私も、リンクさせていただきますね!!

一緒に暮らしていると・・
色々な事・・ちゃんと理解してくれますよね!
だってーー家族だものーー
  • URL
  • 2012/08/26 20:38

リアノン

ミシェルくん、こんばんはー。

なんと、ミシェルくんもさぁちゃんがお休みの日は、のんびり・まったりですか~。

どうしてそうなるのですか?
やっぱり、さぁちゃんの姿がずっと見れると、安心するんですかー?

ヒトの側からしてみれば、のんびり落ち着いているのはちょびっと寂しい気もするのですが、
実は、そっちのほうが猫たちにとっては幸せな時間、ということなんですかね?

もしそうであっても、通りすがりに同居人がちょっかいだした時は、
お愛想程度でもいいので、ちょっとはお相手してくださいね。
  • URL
  • 2012/08/26 21:32

リアノン

カバ丸1号さん、こんばんは。

フォローありがとうございます。 リンクのURL、メンテが漏れてましたね。
修正完了致しました。

毎日、過去記事を順番に拝読させて頂いてます。
読み飛ばすのがもったいなくてゆっくり読んでますので、中々先に進みませんが・・・

お勉強中、とのことですので、一段落されるまではそちらにコメント入れるのは
遠慮しておきます。 ボチボチ頑張って下さい。
  • URL
  • 2012/08/26 21:37

shiea

いつアクセスしても、8月の記事がなく
リアノンさん、お忙しいのかなあ…と、
レオちゃまの写真も見れないのも、とてもさみしく思っていました(恥)

「桃の芳香」から一ヶ月、さすがにこんなに更新無しはおかしいと思い
なんと2012年7月の記事をブックマークしてたことにようやく気づき…(←バカ)

レオちゃまの話をまとめてたくさん読めてラッキーでした(負け惜しみ?)

もし、リアルでレオちゃまに会えたら(キャー)
きっと後半は「レオたん」だの「レオちん」だのと
慣れ慣れしく呼んでるかもしれません

8月は、リアノンさんとレオちゃまのお誕生月という
素敵な月だったのですね~

お二人の静かで優しさに満ちた日常を少しでも
知ることが出来るのが、とてもありがたく、
見るたび、心がふわふわした幸福感にあふれます
私はお二人に感謝!です。

可愛くて賢いだけじゃなく、滲み出る品のよさも
写真からも、じわーっと伝わってきて
リアノンさんに迎えられて本当によかったと思います

ねー、レオちゃま~(*^-^*)

ぷい (知らないひとー、と横を向くレオちゃま)

話は変わりますが『惑星ソラリス』は映画で知って
私にはモヤモヤ、イライラが多く残った話でした
小説も読んでみるべきなのかなぁ…
  • URL
  • 2012/08/27 23:09

kakobox

「それは、まるで回転木馬の前に立ち、同じ木馬が何度も目の前にやって来るのを見ているような感じなのだ。」
↑ とても文学的な例えですね。
私なんて、知識として知っていることと、実体験との境目が曖昧になって、自分に自信の持てないことばっかりです。

レオ君は、リアノンさんの休日にはオフモードのままなのですね。
猫ちゃんは曜日がわかると、私はいつも感じています。

タワーにしがみつくレオ君のお顔、このお顔がすごくレオ君らしいなと私は感じます。
言葉で言えば、「賢い」という言葉が一番に出てくるレオ君です。
二番目は「美しい」、三番目は「無邪気」
ちなみに、このタワーの棒、我が家と同じ綿ロープだと思いますが、ここで爪とぎなんてしますか?
爪とぎポールを兼ねているということで、長いポールのついたタワーにしたのですが、爪を引っ掛けて登りはしても、爪は段ボールの爪とぎでしかとがない、我が家のしろちゃんです。
綿ポールの巻きが、固くはないですか?

1人暮らしの男性への風評被害を防ぐ目的、リアノンさんのブログは十分に果たしていると思います。
規則の反則技のような、不条理な偏見ですよね。
愛護団体が愛誤と言われる誤解要素は、こういうところにもあるのかも知れないと思いました。

レオ君、暑いのはもう少しだから、健やかに乗り切ってね♪

リアノン

shieaさん、こんにちは。

レオちゃま~、と呼んでいただくことがだんだん快感になりつつある今日この頃、
まだまだ残暑は厳しいですが、いかがお過ごしでですか。

記事の更新は、大体、毎週末に1度のペースとなっております。
本当はもっと頻繁に書けるといいのですが、平日は寄る年波には勝てず、
大抵疲れていて、まともな文章が書けません。

お祝いのお言葉を頂き、どうもありがとうございます。
暑いことを除けば、8月は休暇もあることから、素敵な月です。
他の月よりも、個人的に好きな月です。

実際にshieaさんがレオに会ったら、ぷい、とはしませんよ。
レオは来客が大好きで大好きで、たまらない猫です。
誰かが来ると、ものすごい勢いでべったりとまとわりついて離れません。

文面から察するに、shieaさんはきっとお若いお嬢さまだと思われますので、
ソラリスの映画はきっとソダーバーグ版のほうをご覧になったのだろう、と推測します。

仮にそうだとしたら、あの映画は、まだまだマシなほう(つまり、判り易さという意味に
おいてですが)だと思います。
ソダーバーグ監督はあれを恋愛映画っぽくリメイクしていますが、あれを恋愛映画として
観ると、確かにモヤモヤ・イライラですねー。
ケルヴィン博士は、とにかく女々しいですしね。

小説にも、もちろんこの死んだ恋人は出てきて、ケルヴィンは悩むのですが、
こういうのはどちらかと言えば、文学的修辞として取り入れているのであって、
小説の主題は違うところにあります。
きっと、ドストエフスキーがこの小説を書いたら、海から現れるのは死んだ恋人
なんかではなくて、神か悪魔だったろうと思います。

ソダーバーグ⇒タルコフスキー⇒レム、と遡っていけばいくほど、違う種類の
モヤモヤ感が強くなります。
そのモヤモヤ感を楽しむことが、この話の正しい鑑賞のしかたじゃないかな、と思います。

  • URL
  • 2012/09/01 14:49

リアノン

kakoboxさん、こんにちは。

レオは、この綱ロープ巻きの所でしか、爪を研がないんです。
だから、うちは各部屋に1本、ロープ巻きの爪とぎ棒が立っています。

猫と暮らすにあたって、当初の1番の心配が爪とぎのことだったのですが、
家具や壁で研がないので、とても安心しました。

あー、早く涼しくなってもらいたいですよね。
レオも大変ですが、私も最近、バテ気味です。

  • URL
  • 2012/09/01 15:15

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

リアノン

Author:リアノン
独身男の一人暮らし。

猫と暮らしたくて、一人で寂しい思いをしている子を、と思い里親募集に申し込んだら、一方的に断られた。

一人暮らしの男に猫と暮らす資格はあるのか? 

これが、このブログのテーマです。

フリーエリア

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。