スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由が一番

今日は、首輪の話だ。
弱小ブログなので友達は当然少ないのだが、数少ない友人の1人であるあおいさん
ブログ記事を読んで、ああ、うちもそうだったなあ、と懐かしく思い出した。

レオがうちに来て、すぐに首輪を探し始めた。
直接の動機は、この仔がどこに行ってもついて来てあまりにもまとわりつくので、
踏みつけて怪我をさせてしまうかもしれない、と思ったからだった。

ネットでいろいろ調べているうちに、オーダーメイドで作ってくれるサイトを見つけた。
上品な色合いの生地や綺麗な鈴や金具を自由に選べるということで、
俺はとても真剣に考えて、上品な紫色の生地、金色の金具と小さな鈴、裏地には
LEOと名前も入れて貰った。 もう忘れたが、そこそこの値段だったと思う。

小さな封筒で届けられた。 その中から、小さくて上品な首輪は出てきた。
小さな封筒と小さなその商品を見て、俺はこの仔の小さな命をなぜか実感した。
小さくて、かわいくて、そしてもろいであろう命。

目をクリクリさせて、それ、なあに?、とレオは寄ってきた。
首輪っていうんだよ、と教えてやりながら、その小さな首につけてやった。
焦げ茶色の毛色に、その色はこれ以上ないくらい、よく似合った。
よかったなあ。

ところが、レオは頭を激しく振って、前足で首輪を引っ掻き始めた。
すごく嫌がりだした。 まあ、そのうちに慣れるだろうと思い、
台所に行って煙草を吸っていた。

すると、レオがバタバタと大きな音をたてて、家の中を走り出した。
慌てて部屋に戻ると、首輪が口に挟まって猿轡を噛ませた様になっていた。

これはイカン、と急いで抱き上げて首輪を外してやった。
この首輪は万が一の時には簡単に外れるように出来ているとのことだったが、
小さなこの仔の力では外れないようだった。
これでは、留守の時に何かあったら、大変なことになる。

一生懸命毛づくろいをしている姿を見ながら、そんなに嫌なのか、と
溜め息をつきながら思った。 

本当は、首輪はつけて欲しかった。 迷子になった時のために住所がわかるように
しておきたかったし、将来エリザベスカラーをつけなきゃいけなくなったりした時に
首輪に慣れているほうがストレスにならずにいいだろう、とも思った。

でも、だからと言って、こんなに嫌がるものをつけさせる気はとてもなれなかった。
もちろんつけていればそのうちに慣れてくれるかもしれないが、それまでずっと
我慢させるなんてとてもできなかった。

第一、誤って外に出てしまうこと自体のほうがそもそも問題なのだ、
首輪がどうのこうのという以前の問題だ。 そちらの対策のほうをもっと真剣に
考えたほうがいい。 この仔が家から離れる時は、家が崩れて瓦礫になった時だが、
そうなった時点で住所が果たしてどの程度役に立つのだろう。

それ以来、この仔には首輪はつけていない。
いまのところ、迷子にもなっていないし、カラーのお世話にもなっていない。
この先何があるかはわからないが、少なくとも、この家から出て行きたいと
思うことがないよう、この仔にはこの家で幸せに暮らしてもらいたいと思っている。

それに、首輪は、元々間違った力の象徴だ。 
俺たちには、そんなものは必要はない。


IMG_0763_convert_20120527140856.jpg
                        【 自由が一番! 】

スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://quatour.blog.fc2.com/tb.php/58-20d2a136

Comment

こやき¨

うちも同じように猿ぐつわになって断念でした(・_・;)
心配はありますが、うちも迷子にならない努力を最大限すると決めました
病院で注射の時、カラーが怖かったようで気が狂ったように暴れて困りましたが、先生にしない方がおとなしいからと言いいましたよ~
あおいさんの心配な気持ちすごくわかって胸が痛くなりました。

リアノン

こやぎさん、こんにちは。

純血種の仔には、首輪やカラーを怖がる仔が多いようです。
変化に対する警戒心がやはり強く残っているんでしょうね。
迷子にさせないことが、他の要素も考えれば一番大事ですよね。

ビッケくんとチッチくんが仲良くなって、良かったですね。
かわいい写真がいつも楽しいです。
  • URL
  • 2012/05/27 18:58

あおい

レオくんも同じ経験したんですね。
私は最初の首輪は柔らかい布製のものにしてあげようと思って、ネットで初めて用の首輪を使いました。ギンガムチェックで頼りなさそうなまでに柔らかい感触の、ものでした。
サラさんも最初はものすごく嫌がりましたが、そのうち慣れてくれて、やがて初めて用ではないものに移行しました。

迷子札にこだわる理由は、震災の時に窓が外れてしまってそこから猫が外に出た、という記述を読んだからです。
家が壊れてしまわなくても、人間が不注意で外に出してしまわなくても、猫が外に出てしまう危険性があるのだと知り、どうしても迷子札をつけたくなったんですね。

なので、猿ぐつわにならない首輪を探すほうを私は選択することにしようと思います。
迷子札には住所ではなくて携帯番号が書いてあるので、もしかしたら災害時は意味がないかもしれないですけど。

何が最善かなんて、わからないものですよね。

リアノン

あおいさん、こんばんは。

嫌がらないのであれば、うまくフィットするものを探してつけてあげてください。
地震はすっかり忘れた頃にやってくるものです。
携帯も、数日経てば繋がるようになるんじゃないでしょうか。

うちのはとにかく嫌がり方がハンパないので、こちらがどう思おうが、
つけようがないのです。

しかたないので、こればかりは諦めるしかありません(涙)

勝手に名前出してすみませんでした。 
マズければ修正しますので、連絡ください。
  • URL
  • 2012/05/27 21:58

ミシェル

そういえばずーっと前に、
ボクもさぁちゃんに首輪を作っていただきました。
ビーズとパールで作った、きらきらすてきな首輪でした。
小さなボクには、
首輪というよりも、首飾りみたいで。

ちなみに、ボクのブログのプロフィール写真に残っていますね。

その首輪、あまりにきらきらで、
次の日には、がぶがぶして壊してしまいました。
その次に作っていただいた首輪は、
直後にボクの病気がいくつか発覚して、
除菌しなければいけないねって、外されてしまいまして、
それから数ヶ月のエリザベスカラー生活のため、
いつしか忘れられてしまいました。

さぁちゃん的には、首輪はしたいそうです。
あの地震を味わってから、なおさら。
でも、ボクのお毛けでは毛玉になるだろうからとかなんとか言って、
結局は使っていません。
リアノンさんのおっしゃるように、
首輪がなくても生活できたら、
それが一番みたいです。
  • URL
  • 2012/05/27 22:07

リアノン

ミシェルくん、こんばんはー。

IDがわかるようなゴツイ首輪をレオにするのは嫌がって無理で、それ以外の理由で
首輪をつける必要は特にないので、首輪はうちはナシ、ということでやってます。

初めは変なところに神経質なんだなあ、と思っていましたが、ずっと首輪のないこの仔と
生活をしているうちに、これが自然なんだと感じるようになりました。
今は特につけようとは思いません。

私自身、シャツの第一ボタンを留めるのが嫌いなせいもあり、この件でレオをあまり
責める気にもなれないんです。
うーん、下らない理由だなあ・・・
  • URL
  • 2012/05/27 22:50

あびぃ♪

リアノンさん、レオ君、こんにちは!お久しぶりです♪。(=^0^=)

猿ぐつわになるのは、正しい長さで付けられていないからですよ。(^-^)
下記URLを参照頂ければと思います。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/leomi/kubiwa_ori.html

大介は長毛のソマリで、もっさりとした胸毛を痛めてしまうのではないかと思い
首輪をするかどうか悩みました。
ただ、すりすり・抱っこが大好きなの仔なので、私が気が付かない内に
横や後ろにピッタリくっついている事が多く、誤って踏んでしまわないように
首輪に鈴は欠かせません。
勿論、毛玉にならない様に、毎日のブラッシングは欠かせませんが、
「キレイキレイしようね。」と言うと自分からゴロゴロ喉を鳴らしてやってきます。(笑)

>それに、首輪は、元々間違った力の象徴だ。 
私はそうは思いません。
その仔の安全と万が一を考えた親心もあると思います。
ガレキの中だとしても、名前と携帯番号が書いてあれば、福島の仔達の様に
長期間、飼い主さんと会えない悲劇は減ると思うからです。
今回、初めてエリザベスカラーをしましたが、付ける時は大人しく付けさせてくれ
大変助かりました。

勿論、レオ君に首輪を付けない判断はリアノンさんです。

ただ、原発事故の警戒区域で首輪をしていて、飼い主さんに再会出来た命もあるので
首輪=悪だとは思って頂きたくなかったのです。
それと、正しいサイズの首輪でないと、猿ぐつわになってしまう危険性もあるのだと
分かって頂ければなと思い書き込ませて頂きました。

長文乱文で、大変失礼致しました。m(_ _)m


追伸: もちろん、マイクロチップも装着済みです。読み取り機の数が少ないのが難点ですが。
  • URL
  • 2012/05/28 17:09
  • Edit

カスイ

ウチの子はつけてないですね。おしゃれ用にシュシュをつけることはあるけれど、普段はつけてません。
実家猫は、一匹はなんとまあ、首が太くて猫用がはまらなくてとってもきゅうくつそうなのでつけず、もう一匹はすぐにいなくなっちゃうので鈴付きのをつけてます。
ただ、首輪は不慣れですが、カラーにはそこそこうまくやってます。思いがけず目や皮膚に疾患をもったとき、すぐに気づいて獣医さんに連れて行ければいいけれど、そうもいかないときは朝いちでカラーをはめるだけで、だいぶ症状を抑えられたりもします。
ちなみに私はマイクロチップを密かに検討してます……
  • URL
  • 2012/05/29 20:05

きゃぴばば

我家の猫たちもずーっと付けてなかったんですが
ブロ友さんちの猫さんたちが オシャレな首輪を付けてはるのを見て
なんだか欲しくなっちゃいましてね。
ネットで砂を買うついでに 300円くらいの安いのを買ったんです。
アジルは最初 異様にイヤがったんですが すぐ慣れました。
モアナは あろうがなかろうが 全く気にしません(笑)

「鈴の音で 家の中のどこにいるかわかる」はずが 潜んでいると全くわからず 意味ゼロです(爆)

ということで 家猫さんに首輪は必要ないです。
首輪に慣れてても カラーは別物。
そのときがきたら イヤでも慣れてもらわないといけませんからね。

ちなみに チップは入れてます。
万が一にもお世話になりたくないですが...

  • URL
  • 2012/05/29 21:27

kakobox

猫ちゃんの首輪は、それぞれ思いあって、着ける着けないのまったくどちらかに分かれていますよね。
私も首輪の記事を書いたことがあります。
http://shirochan115.blog112.fc2.com/blog-entry-160.html
よかったら見てくださいね。

首輪という呼称が、リアノンさんの言う「首輪は、元々間違った力の象徴」と結びつくのですよね~。
猫ちゃんの所有自体が間違った力の象徴ならば、また別の話ですが…。

わがしろちゃんの場合、当初は首輪を着けていませんでした。
猫ちゃんの、首輪で区切られることのない猫科動物特有の肢体は、見ていて美しいものですよね~。
ところがある日、自治体の広報誌で、首輪は家猫さんの証という一文を見たのです。
保健所に収容された場合、まずは、首輪、マイクロチップの有無、純血種かどうかで、迷子なのか野良猫なのかの選別をザックリとすると聞きました。
しろちゃんの場合、雑種なので、収容されるような事態に至った場合、間違いなく野良猫さんと判断されるでしょう。
(元は野良猫さんですけど)
そして慌てて最初の首輪を買った次第です。
リアノンさんの仰るように、誤って外に出さないことがすべてに優先し、外に出ることがなければ、身元の保障など何も要らないのですが、万が一を拭いきれませんでした。

しろちゃんも最初の首輪で2回猿ぐつわ状態になりました。
本当に留守の際になっていたらと思うと、ゾッとします。
猿ぐつわ状態になるには、首輪が緩すぎること…アゴを超えてしまうこと、猫ちゃんが慣れずに首輪を気にして手で拝むようにして外そうとすることが最大の原因とわかりました。
また、下を向いたときに鈴や名札が口に入ってしまうことも…。
最初に着けたとき、長くとも30分程度経てば、首輪には慣れるものだということもわかりました。
首輪のジャストサイズを見つけるまでかなり試行錯誤し、スケール代わりの1本を保存しています。
もしかすると同じお店かもしれませんが、その後、猫の首輪工房で買っています。

レオ君は、お顔が小顔なのに首がしっかりと太い…首輪はどうしたってアゴを超えてしまうことになるのかもしれませんね。
子猫の時からお家の中の生活ならば、外の魅力に負けることもないでしょう。
レオ君の言うように、自由が一番。
私もレオ君には、どんなに似合う美しい首輪であっても、その肢体の美しさを妨げるものになるような気がします。
今日のレオ君は、また違った優しい表情を見せてくれましたね。

ヒトミ

ネコさんの首輪については、本当に飼い主さん次第かなと思います。
うちも付けていません。挑戦したことはあるけど、カイカイ~カイカイ~と
後ろ足で首輪付近を掻き続けて毛がどんどん抜けてしまって・・・
このままいったら首周りハゲちゃう!と思って慌てて外しました。
完全室内飼いで外へもほとんど興味を示さないので、首輪は断念しました。
本当に仔猫のうちに細くて軽い人間用のヘアゴムなどを首輪の代わりにして
慣らしていっていれば受け入れてくれたかもしれませんが・・・
大人になってからでも何の抵抗もなく受け入れてくれる子もいれば
小さいうちから嫌がって自力で外してしまうような子もいますからね。

そのかわりといってはなんですが、うちはマイクロチップは入れてあります。
病院へ連れていくときは、ベストタイプのハーネス着せてリードを付けて
キャリーへ入れていきます。もちろんリードは飼い主の手首から外しません。
家の窓も網戸は絶対開けないし、玄関の開閉にも細心の注意を払います。
飼い主がするべきことをきちんとしていれば、最悪の事態は防げると思います。
  • URL
  • 2012/05/31 13:32

あいにゃー

猫ちゃんだって、一人ひとり性格が違うものね♪
嫌がるものを無理にすることないと思いますよ~(^_^)/

リアノンさんと、レオくんが決めたことだもの(^v^)
それが一番、二人にとっていいことだと思います(*^_^*)

レオ君は、見えない絆というもので、
リアノンさんとつながっているっていうこと、誇りに思っていると思います(^_^)/
お写真のピーンと胸を張った姿勢が、そう言っていますね♪
  • URL
  • 2012/05/31 22:48

リアノン

あびぃ♪さん、こんにちは。 体調のほうは、いかがですか?
わざわざコメント下さり、ありがとうございます。

首輪のサイズが合っていなかった、というのはまさにその通りです。
確かに、ゆるくつけました。 まあ、初めてのことでしたので・・・・

緩い場合、首輪が今度はたすき掛けになって、もっとひどい事故を起こすことに
なるので、ジャストフィットは必須ですね。
(ネットには、その事故による、見るに堪えない写真が数多く載っています)

言葉足らずの記事で申し訳なかったのですが、首輪が悪だとは、まったく思って
ないんです。 いらぬご憂慮をおかけしてしまったようで、申し訳ありません。

もちろん、首輪がIDとなることはよくわかっています。
それによって、助かることにつながる可能性が上がるだろうと思っています。

大介くんが首輪をつけてくれるのは、とてもいいことだと思っています。
見た目も、もちろんかわいいですしね。
  • URL
  • 2012/06/02 12:38

リアノン

カスイさん、こんにちは。

レオはチップもつけていません。

うちのホームドクターは、装着の相談をした時にいい顔をしませんでした。
この先生は、健康な生体には医学的にどうしてもやむを得ない場合以外は、
人為的な手を入れることには反対、という立場の人で、そんなことより、
脱走対策をちゃんとするほうが根本的に大事、と言ってました。
まあ、そうだよな、と思って、ちょっと考えます、とその時は止めて、
今に至っています。

尤も、震災を経験した今、考え直す時期なのかもしれませんが・・・

その話をした時に、猫の首輪の事故の話も聞きました。
首輪をしたまま外に出た仔が、金網のフェンスの破れて穴のあいたところを
くぐろうとした時に、切れた鉄線に首輪が引っかかって動けなくなり、
そのまま衰弱して死んでしまったことがあったそうです。

また、生垣の中を歩いている時に枝が首輪に引っかかって動けなくなってしまう
こともよくあるそうで、首輪も善し悪しよね、と言ってました。

外の世界は、家猫にとっては生きにくい世界であることだけは、確かなようです。
  • URL
  • 2012/06/02 13:20

リアノン

きゃぴばばさん、こんにちは。

アジルくんの首輪姿、かなりイケてます。 かっちょいいです。

しかし、なるほど、いろんなところに潜んでいることや寝ていることが多い猫には
居所を知らせることはなりませんね。 うーん、目から鱗、です。

もちろん、カラーは別物です。 これだけは、強制着用ですね。
お世話にはなりたくないですが。
  • URL
  • 2012/06/02 13:33

リアノン

kakoboxさん、こんにちは。

そうなんです。 首輪、というと、どうしても古代エジプトやローマ、また、
かつてのアメリカの、貴族が奴隷につけさせていた姿を思い出してしまうんです。

映画マニアの悪いクセですね、これは。 そんなことを連想するなんて。

ご指摘のとおり、レオは頭蓋部分が首の太さと比べてかなり小さく、あまり
サイズが変わらないんです。 なんか、砲丸投げの室伏選手みたいなんです。
だから、今となっては、首輪は逆に危ない、と思っています。


  • URL
  • 2012/06/02 13:44

リアノン

ヒトミさん、こんにちは。

なるほど、掻きむしって毛が抜けてしまう場合もあるんですね。
それじゃあ、つけることは逆に拷問になっちゃいますよね・・・

飼い主がするべきこと、これをよく考えていきたい、と思います。
肝に銘じたい、と改めて思います。
  • URL
  • 2012/06/02 13:59

リアノン

あいにゃーさん、こんにちは。

そうなんです。 やはり、嫌がることは、どうしてもできません。
違うかたちで対策しようと思っています。

うちの愚息は、スーパーのレジ袋が首にひっかかっただけで
パニックになって走り廻る、あかんたれ、なもので(笑)。

**************************************************

コメントを下さった皆様、どうもありがとうございました。

どのご意見も、なるほど、と思わされるものばかりです。
猫飼いにしかこんな話はできないことなので、本当にありがたいです。

ブログをやっていて、本当によかった、と思います。

これからも、いろいろとお話をさせて頂ければ、嬉しいです。
よろしくお願い致します。

  • URL
  • 2012/06/02 14:08

モモの親

こんにちは

リアノンさんの言っている事 あっていますし
一方で付ける人もいます。うちは後者です。
付けないほうがいいんですが、家の中で母親が
踏みつける 足ぐらいですが、以前あり居場所も
わからない事もあり首輪を付けています。
脱走も何度かあり(飼い主の問題ですね)ID代わりですね。
なかなかどちらもいい面悪い面ありますね。
判ることが1つだけあるとすればやっぱり人間の都合かなと。
  • URL
  • 2012/06/02 16:10

リアノン

モモの親さん、こんにちは。

嫌がらないのであれば、つけてあげればいいと思います。

うちは嫌がるので、つけないメリット・つけるデメリットを探して考える訳です。
つける方は、当然その逆を考えることになる。

全くおっしゃる通りで、これは人間都合の話です。
物事は全てにおいて多面的で、そのどれもが一長一短です。

誤って外に出てしまった場合や災害時の場合でも、その状況には無数のケースが
想定できるし、それによって、首輪が役に立つケースと立たないケースにそれぞれ
分かれるでしょう。 だから、結局、嫌がらないのであればつけるし、
嫌がったり痒がったりするようであればつけない、まあ、そうするしかないのです。

愛猫を100%幸せにすることは難しい、というより、元々無理なのかもしれません。 
人間だって、いろんなことに折り合いをつけながら生きていくしか無いわけで、
猫にも、猫なりに折り合いをつけてもらうしかないな、と思います。

  • URL
  • 2012/06/02 17:32

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

リアノン

Author:リアノン
独身男の一人暮らし。

猫と暮らしたくて、一人で寂しい思いをしている子を、と思い里親募集に申し込んだら、一方的に断られた。

一人暮らしの男に猫と暮らす資格はあるのか? 

これが、このブログのテーマです。

フリーエリア

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。