スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいしいご飯をめざして ~2~

1歳になるまでに、ウェットに関する嗜好が割とはっきりわかるようになった。
魚系より肉系のほうを明らかに好んで食べるのだ。
特にマグロ缶はあの独特の匂いがダメなようで、明らかに食い付きが悪く、
カツオ缶であればガツガツとよく食べた。 でも、そこはまだまだ子供、あまり好きでは
なくても身体が食べ物を要求するのだろう、何でも残さずに食べてくれた。
その頃は、猫にも好き嫌いがあるんだということが何となく嬉しくて、そんな様子を
微笑ましい気持ちで見ていた。
でも、そういう幸せな日々はそう長くは続かなかった。

2歳になるかならないかのある日、新しいブランドのウェットを出したところ、
匂いを嗅いだとたん、皿から離れて別の部屋へ走っていってしまったのである。
驚いて「レオ~、ご飯だよ、どうした?」と言って後をついて行くと、寝室の床に
腹這いになったまま、動かなくなってしまった。 その後、どんなになだめすかしても
一切食卓には近づかず、結局その日の夜は何も食べなかったのである。

恐怖のハンガー・ストライキの始まりであった。

このウェットは普段食べている国産物の3倍以上の値段のするイタリア産だった。
ナチュラルフードとして愛猫家には名高い高級ブランドで、たまには奮発してご馳走を
振舞おうと思って買い込んだ、入魂の一缶だったのである。 だから、このハンストを
喰らった俺は、ひどく落ち込んだ。

「お前のために、と思って買ったのに・・・」 

文字通り、両手を床について、がっくりとうなだれてしまった。 
冗談抜きで、力が抜けてしまったのである。 ところが、レオは床に腹這いになったまま、
鼻で「フンッ」と荒い息を吐いて、尻尾を床にバンバンッ、と叩きつけたのだ。
そして、両目を大きく見開いて、太くなった尻尾をブンブン、グルグルと振り回した。
信じられなかった。 怒っているのである。 うちに来て、初めて怒ったのだ。

「マジかよ・・・」 そうつぶやくしかなかった。

気に入らないウェットが出るとドライまで食べなくなってしまうので、それ以降は
皿を下げ、一度綺麗に洗って、もう1度作り直すしかない。
なぜか、値段の高いウェットほど、このハンストが繰り出される。
一体、どういうことなんだ?
毎度毎度同じメニューだと飽きるだろう、と思ってもっとおいしそうなのはないか、
といろいろ探して、これなら、と思って買うのに(そういうのに限って値段が高い)、
ダメなもんはダメ、うまいもんはうまい、のである。 
何がなんだか、さっぱりわからない。

こういう試行錯誤を懲りもせずに繰り返して、合格したウェット群の主要ラインナップ
がこちら。

IMG_0437_convert_20111121160834.jpg
                            【 とりささみ系 】


IMG_0436_convert_20111121161237.jpg
                             【 魚系 】


これらのとりささみ系と魚系を7:3の割合で混ぜる。 1つ使い切ると、次の種類へ
ローテーションさせる。 ここに挙げたマグロ缶はアジやだし汁の匂いでマグロ臭さが
消されているのがいいらしい。
そして、泣く泣くボツとなった高級ウェット群がこちら。

IMG_0430_convert_20111121161413.jpg
                         【中身は嫌いなくせに・・】


アニモンダを食べてくれないのは残念だ。 ドイツの真面目なお国柄のおかげで
使っている素材の良さは群を抜いているし、封を開けたときのおいしそうな匂いには
こちらのヨダレが出そうになる。 でも、絶対に食べてくれないのだ。
カントリーロードも、ささみのブロックが入ったチャコーズ・デリはよく食べるのに、
ペーストの缶は絶対だめ。 これらは、ほんの少しでも入っているとレーダーが
反応するらしく、即刻ハンスト体制に入る。

こんなに苦労するならウェットなんていっそ止めるか、とヤケになることもあるが、
そういう訳にもいかない事情もあるのだ。



スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://quatour.blog.fc2.com/tb.php/30-6c416aea

Comment

あおい

こんにちは。
ご飯の試行錯誤、大変ですねえ。
そして、毎日のご飯の豪勢&丁寧なこと!
カリカリ出しているだけの自分がちょっと恥ずかしくなります。

高い猫缶出して拒否された時の悲しみは、通ってる獣医さんも語ってらっしゃいました。
猫はグルメだといいますし、食べない味があると飼い主は苦労しますよね。

うちの子は鼻水たらしてますが、ご飯は今のところ好き嫌いなくなんでも食べてくれるので、助かってます。
逆に、安いのも高いのも反応が変わらないので、それはそれでちょっと切なかったりするのですが、食べないよりマシか、と自分を慰めてます。

ウェットをあげなければいけない理由、が何か、早く知りたいです。
ドライはいろいろとあげてますが、ウェットはまだこれからなので、参考にさせていただきます。

リアノン

コメント頂き、ありがとうござます。

小さい間は本能的に何でも食べてくれると思いますが、身体の成長が止まって
大人になると、メニューにこだわりだすかもしれません。

そうなると、あおいさんも我々苦悩の猫飼い軍団への仲間入りです。フフフ。

  • URL
  • 2011/11/23 11:37

ヒトミ

リアノンさん、はじめまして。
ブログの訪問記録からお伺いし、いつも興味深く拝見しています。
開店休業のつたないブログへお運びいただき、ありがとうございます。

ネコさんの食事、ネコオーナーにとっては永遠のテーマですね。
我が家のネコは皮膚疾患やらおなかユルやら身体の震えやら、
次から次へと原因の特定しづらい病気とも言いづらい症状を発しているため
食事については3歳を過ぎた今でも試行錯誤を続けているところはあります。
Ciao缶のホワイティシリーズは我が家でも長くお世話になっています。
うちのは圧倒的に魚LOVEなコなので、まぐろやかつお系が主です。
他にはたまの伝説の小さい缶のシリーズも何種類か使っていますよ。
カントリーロードのパウチも大好きです。でも高いので特別な日用です(笑)。

本当は、しっかりお水を飲んでくれればドライのみでもいいと思うんですが
なにせうちのは水を飲まない・・・病院でも尿が濃いと指摘されてしまうんです。
水分量を維持するためにもウェットフードは欠かせない状態になっています。
ちなみに我が家もお水足して混ぜ混ぜしておじやごはんにしてます。
  • URL
  • 2011/11/24 14:09

リアノン

コメント頂き、ありがとうございます。

じゃこ君、身体の震えのほうは大丈夫ですか。
いつも心配しながら、ブログを拝見していました。

カントリーロード、もう少し安いといいんですけどねぇ・・
うちもたまにしか買えません、やっぱり。
魚の猫缶は、どれも少し匂いがきついような気がしませんか? 
人間用とは違い、味付けをしてないせいかもしれませんが、ちょっと抵抗があったりします。
まあ、猫本人が機嫌よく食べてくれれば別にいいんですが・・・

やっぱり、水は大事ですよね。
  • URL
  • 2011/11/24 22:36

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

リアノン

Author:リアノン
独身男の一人暮らし。

猫と暮らしたくて、一人で寂しい思いをしている子を、と思い里親募集に申し込んだら、一方的に断られた。

一人暮らしの男に猫と暮らす資格はあるのか? 

これが、このブログのテーマです。

フリーエリア

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。