スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レオの初めての試練

マンションの初めての大規模修繕工事がとうとう始まった。 
新築から10年経つと、これはどうしても避けられない。  ここは12年目だ。 
今週の月曜日から始まり、5月まで続く。

火曜日の夜、仕事から戻ると、レオが玄関に出迎えに出てこなかった。 台所でスーパーの袋から
食材を出していると、 レオが壁の角のところからこちらを伺うように見ていた。 

ただいま、と声をかけると、壁に身体をこすりつけて鳴きながらそばに来た。 
眠そうな顔をしていた。

その夜はずっと様子がおかしかった。 どこにいても、ずっとリビングの窓の外をじっとのほうを
じっと見つめていて、 耳もイカ耳のままだった。 マンションの外壁に鉄筋で足場を作っていたので、
大きな音が1日中して、窓の外に作業員がたくさん行き来していたのだろう。 
1日中警戒して過ごしたに違いない。

その日は夕食もあまり食べず(それでも時間をかけて完食したが)、書斎の入り口に座ったまま、
ずっとリビングの ほうをずっと見ていた。


IMG_2920_convert_20140202161901.jpg 
【 怖かったの 】


やれやれ、まいった。 工事はまだ始まったばかりだ。 大丈夫かな。
様子が心配だったので、翌日は会社を休んで1日家にいることにした。 

果たして、朝9時になると足場を作る工事が始まり、ドリルで外壁に穴を開ける凄まじい音が始まった。
外の人の動きも多く、レオはその度に人の声やドリルの音がする部屋へ入ったり出たりを繰り返す。
ドリルの音は思いのほか大きくて、TVの音など完全に聴こえない。 微細な振動も俺は感じないが、
レオはきっと感じているのだろう。 案の定、ベランダの外に組まれた足場を作業員が歩いている。

工事は夕方5時になると終わるようだ。 静かになる。 結局、その晩もレオは様子がおかしかった。
このまま工事が続けば、レオはストレスで病気になるかもしれないな、と思った。 

さて、どうしよう。


IMG_2952_convert_20140202161535.jpg 
【 どうするって? 】


次の日は後ろ髪を引かれる思いで会社に行った。 駅に向かって歩きながら考える。
心配だが、会社をそうそう休むわけにもいかない。 それに、俺が家にいてもレオは外の様子が
気になるばかりで、俺がいようがいまいがどうでもよさそうだった。日中誰かが家にいたとしても、
何の解決にもならないぞ。 でも、何か月もペットホテルに預けるわけにもいかない。 

実家に預けるか? いやいや、その方がはるかに心配だ。 
きっとすぐに脱走させてしまうに決まってる。

1日そんなことを考えながら過ごして、夜になって家に帰ると、レオが出迎えてくれた。
先週までと同じようにまとわりつきながら台所までついてきて、スーパーの袋の中に顔を突っ込む。



IMG_2969_convert_20140202161635.jpg 
【 プリン買ってきたの~? 】



あれ? どうしたんだろう、なんか元気だぞ? 夕食もしっかり食べて、その後もいつも通り遊んだ。
遊び終わると、書斎の足もとのホットカーペットに寝転んで気持ちよさそうに眠っている。


IMG_2984_convert_20140202161818.jpg 
【 満足じゃあ~ 】


次の日も家に帰ると、ちゃんと出迎えてくれて、先週までと変わらない様子だった。
そう言えば、外壁の周りの足場はもう組み終わったようだった。 少なくともドリルを
使ったりすることはもう無くなったのかもしれない。 外で人の声は多少するだろうが、
それは普段でもあることだ。

土曜日も工事はしていたようだが、うちの近くではなかったようで騒音はほとんど聞こえなかった。
日曜日はもちろん工事は休みだ。


IMG_2360_convert_20131117181627_201402021855348d3.jpg 
【 工事、上等! 】


うるさい段階はとりあえず一旦去ったようだ。 
もちろん始まったばかりだからまだ色々あるんだろうが、やっぱり慣れてもらうしかないのだろう。
それに、部屋の中にいて本当にうるさく感じるような日にちはそんなに多くはないのかもしれない。
それはそうだろう、じゃなきゃ、住民自体が生活に支障をきたす。

レオにとって、初めてやって来た試練の時である。
一緒に乗り切るしかないな。


IMG_2095_convert_20130825105323_20140202185846688.jpg 
【 がんばってみるよ 】



スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://quatour.blog.fc2.com/tb.php/147-af1b9f57

Comment

カバ丸1号

リアノンさんこんにちは。
レオちゃん・・辛かったね・・
って・・今後も多少は大きな音がる日があるでしょうが。
壁に、ドリル・・人間だって嫌になりますよね。
敏感な耳にどれほどストレスか・・
でも・・意外と順応性はあるかもしれませんよ。
猫さんは、人が思っている以上にタフかも!!

お仕事を休まれたリアノンさん・・
優しいんだね~
どーしよう、あーしようって考えているレアのンさんの方が・・
レオちゃんより・・試練の時かもーーー
  • URL
  • 2014/02/03 12:51

ジグザグ

音のする方へ行って、その正体を確認しようとするレオくんは勇気があります。そして、音はするけれど、自分には害が及ばないことを理解できる賢いにゃんこだと思います。
うちには、闇雲に怖がるばかりで少しも学習しないひとが(あ、猫ですが)います。もう10年以上も、夫の帰宅を知らせるドアベルに(大体同じ時間です)、毎回ピンポンダッシュで逃げて行きます。耳が悪いのかと心配しましたが、そうではなく、オツムが弱いようです…。
リアノンさんの心配は尽きないと思いますが、レオくんはきっと大丈夫だと、そう思います。そのうち工事の人と顔見知りになったりするかも(?)(^.^)

kakobox

うわ~切ないですね~。
住まいの長期にわたる工事って、室内飼いの猫ちゃんの一生の最大の試練かもしれませんね。
やはり猫に変化はあるんですね。。。
レオ君、意味もわからず怖かったことでしょう。
壁の角に、リアノンさんが帰ってくるまでずっと居たのかもしれませんね。
※騒音がなく静かだけれど、リアノンさんの帰らない場所。
※騒音や振動がひどいけれど、リアノンさんが必ず帰ってくる場所。
この二つの選択なら、後者に勝るものはないのでは?
生活パターンを変えた寂しさのストレスは、心に傷がつくと思います。
大好きな飼い主さんと一緒に暮らす場所に起きる変化は、猫ちゃんは受け入れてくれるものと思うのです。
大好きな飼い主さんの生活上の変化も…。
器にいれた水のように、しんなりと寄り添ってくれるのは猫ちゃんならではと思います。

どんな騒音が再びあるかわからない状況でしょうけど、レオ君には、小さな振動も聞こえ続けているでしょうから、慣れるのではないでしょうか。
かわいい子をそんなものに慣れさせたくはないですが、それもまた、人との暮らし…と、きっと思ってくれると思います。

美しい緑の瞳のレオ君は、プリンが食べられるの~?
工事の終わった夜のひとしおの静けさが、5月までレオ君を癒してくれますように。

ひろ

リアノンさん、おはようございます。

レオ、かわいそうでしたね。。。
猫は大きい音が大嫌いですからね。耳栓するわけにもいかないしね。
これからも辛い時期があればお預かりますよ。前のお仕事を辞めて、次の仕事をするまではしばらくは家でのんびりしていますので、ちゃんとお世話できます。
飼い猫にとっては家以外のところに行くことが最大のストレスかもしれませんけどね。

  • URL
  • 2014/02/04 09:27

ちま

我が家でも、数年前に大規模修繕工事が行われました。
最上階だし、隣も空家同然なので、外で足音がする事もない日常が
一変して
外の景色が見れない、窓が開けれない、一日中警戒して過ごす、
どんなにかストレスが溜まったことだろう。

私と居たって同じで、外を誰かが通ると窓と廊下をいったりきたり。
か細く鳴く声に私もつられて泣いてしまいそうになりました。

でも、それを頑張って乗り越えました。

翌年、震災があって・・・
その時の方が大変でした。

それでも、できる限りのケアをして乗り切ってきたので
きっとリアノンさんのレオ君に対する愛情がちゃんと伝わるはず!

レオ君! 頑張って!
みんな応援してるよ♪

  • URL
  • 2014/02/07 12:45

めがね

こんにちは。僕の家も似たような経験があります。
近くの歩道の拡張工事?だったのですが、猫が気にして大丈夫かなあと心配でした。1週間くらいで工事が終わりましたが、最後の2日間くらいは平然としていました。
案外、慣れるかもしれません。ウチの猫が僕に似て、図太い神経だったのかもしれませんが(笑)とにかくレオ君頑張って!!
  • URL
  • 2014/02/09 06:31

リアノン

カバ丸1号さん、こんばんは。

そうですよね、きっと慣れてくれるんじゃなかな、と思います。

猫は敏感なので、私には感じられないいろんな音や気配を感じているはずですが、
しばらくそういう状況だと、慣れてくるかもしれません。

そうじゃなきゃ、困ります、そんなに休めませんから・・・

  • URL
  • 2014/02/09 22:15

リアノン

ジグザグさん、こんばんは。

そうですね、きっと大丈夫なことを理解してくれますよね。

やっぱり、外で音がしたり人がいると気になってその近くまで行って、気配を探っていますが、
危害はないということはちゃんと理解してくれるんじゃないか、と思います。

工事の人たちと仲良しになってくれると、ホント、いいんですけどねー。

  • URL
  • 2014/02/09 22:20

リアノン

kakoboxさん、こんばんは。

そうですよね、きっとそのうちに慣れてくれますよね。

ずっと緊張しながら1日を寝ることなく過ごしているかと思うとぞっとしますが、
夕方には終わるんだし、ちゃんと私も帰ってくるんだから、早く慣れてくれたら、と思います。

まあ、飽きっぽい仔だし、すぐに外の様子にも飽きてくれたらいいのに、とも思います。

  • URL
  • 2014/02/09 22:24

リアノン

ひろさん、こんばんは。

オファー下さり、どうもありがとうございます。

今のところ工事はそんなに大きな音を出していないようだし、外の様子にも少し慣れてきたみたいなので、
このままうまくなじんでくれれば、と思っています。

でも、選択肢があるというのは心強いです。 どうもありがとうございます。

  • URL
  • 2014/02/09 22:29

リアノン

ちまさん、こんばんは。

そうですか、ちまさんのところはちゃんと乗り越えられたんですね。
じゃあ、うちも乗り切らなきゃいけませんね。

どうやって安心させていくか、いろいろ思案中です。

  • URL
  • 2014/02/09 22:36

リアノン

めがねさん、こんばんは。

そうかあ、みなさん、同じような経験がおありなんですね。
うちはちょっと過保護なのかもしれませんね。

この先、何があるかわからないんだし、これしきのこと、乗り切ってもらいましょう!

  • URL
  • 2014/02/09 22:50

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

リアノン

Author:リアノン
独身男の一人暮らし。

猫と暮らしたくて、一人で寂しい思いをしている子を、と思い里親募集に申し込んだら、一方的に断られた。

一人暮らしの男に猫と暮らす資格はあるのか? 

これが、このブログのテーマです。

フリーエリア

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。