スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿命的な身長差と言いつけを守る猫

猫が食卓に上っても、怒らないであげて欲しい。

猫は高い所を好む、というから、うちでも天上に近い高さまで登れる場所を作ってあるが、
レオはたまにしかそこへは行かない。 彼が好きなのは、ちょうど俺の腹くらいの高さだ。 
書斎の机の上だったり、台所の調理台の上だったり、スピーカーの上だったり。 
そのくらいの高さから俺の顔を見るのがちょうどいいらしい。

IMG_2361_convert_20131117181858.jpg 
 
【 そのくらいが丁度いい 】



よく床に寝転がって、家の中を見渡してみる。 そうすれば、レオの眼に世界が
どう映っているかが わかるような気がするから。 腹ばいになって俺の顔があるあたりを
見ようとすると、 かなり首を上に曲げて見上げなければならない。 
長くその姿勢でいると、すぐに首が痛くなる。 

だから、うちは食卓の上に乗っても、シンクに上っても、叱らない。 



IMG_2360_convert_20131117181627.jpg 
【 じゃあ増長しちゃうぞ~ 】


レオの顔の高さは床から30cmくらいで、そこから俺の顔は6倍近い距離がある。 
俺がマンションの3階あたりを路上から見上げる感じだ。 

それに、猫は視力があまりよくない、と言われている。 動体視力は優れているが、静止物への
ピント合わせが苦手らしい。 実際のところはわからないわけだけど、レオが俺の顔を見る時の
いつもの様子、顔を前へ突き出して目を大きく開いて、焦点が合う箇所を探すかのように
顔を上下左右に動かすのは、俺の顔をよく見ようとしてのことなんだと思う。 

レオにとっては、俺の腹の高さくらいの位置がちょうどいいのだろう。 
だから、うちは叱らない。  


IMG_2368_convert_20131117181803.jpg 
【 スズメの団体さんに夢中 】


そういう手頃な高さの一つに、洗濯機の上がある。 
脱衣所で服を脱いで風呂に入ろうとしたり、髪をドライヤーで乾かしている時に、
レオはよくそこの上に飛び乗ってこちらをじっと見ていることが多い。 

金曜の夜もそうやって俺が服を脱いでいるのを見ていたので、いい仔でここで待ってるんだよ、
と言ってたくさん撫でてから風呂に入った。 

そして風呂から出て、髪を乾かしながら観ていたTVについ見入ってしまって30分ほどしてから
洗面所に行くと、レオがまだ洗濯機の上にいて、 ウトウトとしていた。 


IMG_2366_convert_20131117181721.jpg 
【 だって、待ってろって言うから 】



なんだ、まだここで待ってたのか、眠っちゃったんだね、そう言って頭を撫でると、
レオは目を細めてゴロゴロと言った。 





スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://quatour.blog.fc2.com/tb.php/139-cc6d720b

Comment

kakobox

猫ちゃんの見あげる首のことなんて、考えてもみませんでした。
リアノンさんの記事に、知らなかったことを気づかされて良かったです。
首の後ろを触ってみると、意外や意外、筋肉が結構発達してますね。
そうですね、床に近くある猫ちゃんには、いつもいつも、見あげないと愛しい飼い主さんのお顔は見えないってことになりますね。
一緒に横になっていることを、しろちゃんが一番喜ぶのは、首が痛くなくお顔が見られて、同じ目線にあるからかしら。
テーブルに上がっていいかどうか、各家庭でのそれぞれの決まりごとですが、最近では上がっていいほうが多いかな。
飼い主さんに一番近い場所をと思い、テーブルに上がる子を、叱ることなんてできませんね。
増長したって、賢明なレオ君は大丈夫♪

洗濯機で待ってたレオ君、なんて一途なのでしょう。
危険なほど、近づいたっていいじゃないですか。
そこからリアノンさんが受け取るものは絶対に多いはずです。

私はお風呂の扉を1回も閉めたことがございません。
しろちゃんが、水に濡れることは絶対いやなのに、お風呂もそばにいたいと言うからです。
開けたままの扉の前でバスマットに香箱を組み、寒くなったので、洗面所の電気ストーブに当たりながら、しろちゃんだけがウットリと眺めていてくれる私のバスタイムであります。
最近は、トイレのドアも開けて入ってくるようになりました。
愛は惜しみなく…ですね。

ちま

レオ君、ほんっとーに聞きわけのいい仔ですね~
(可愛いな~ 待ちくたびれて、眠っちゃったのかな?)
ぎゅ~~って抱きしめたい!!

うちの仔は警戒心が強いし、臆病だから
安心してくれるようになるべくしゃがんで接するように心掛けています。
もちろん、どこに上っても叱りません。
食卓、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、カーテンレール、クローゼットのハンガー掛けるところ・・・
(キャットタワーや、ステンレスのスツールを外見台に設置した場所もあるんですけど。。。)
う~ん。
うちの仔の手頃な高さはどこなんだろう?

でも、食事の支度中に過去2度程、ガスレンジの側に飛んできて
「チリ」ってちょっぴり毛が焦げた事があって
さすがに焦って『ダメー』って大きな声を出してしまった(反省)
  • URL
  • 2013/11/19 09:08

カバ丸1号

家も、テーブルの上・・
シンクの中・・
好き放題ですわ・・
でも、目線の事とか考えたこと無かったから・・
猫目線で、這ってもようかな(笑)

洗濯機の上で待ってたレオちゃん・・
愛おしいね。
レオちゃんを見るレアノンさんの目線・・
すこし腰をかがめたのかな。。
  • URL
  • 2013/11/19 12:53

きむ

テーブルに登っても、
シンクに登っても、
冷蔵庫に登っても、
レンジフードに登っても、
し、しし、叱らないいいぃぃ…。

うちのこは、同じ目線というより、
むしろ上からあたしを見下ろすんですよ。
ば、ばかにするんですよぅ。

いいなぁ、レオくんとリアノンさんの大人っぽい関係。
ドタバタなあたしたち、ひたすら修業が足りません。
  • URL
  • 2013/11/19 16:40

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2013/11/20 12:41

リアノン

kakoboxさん、こんばんは。

うちは、風呂はお湯が外に出てしまうので扉を閉めますが、トイレはドアは閉めませんね、やっぱり。
ドアを閉めてると気になるみたいで、ガシガシ開けようとします。 
ひとり暮らしは、こういう時に便利です。

そうか、最近は食卓に上がっても怒られないご家庭が多いのか・・・

  • URL
  • 2013/11/20 22:37

リアノン

ちまさん、こんばんは。

もちろん、うちも台所で火を使ってるときや包丁を出してる時は、乗ってきたら抱いて降ろすように
します。 怪我させるわけにはいきませんもんね。

しゃがむ時、猫は結構警戒しませんか? 
そばに迫ってくる感じがするみたいで、レオはちょっとビビります。


  • URL
  • 2013/11/20 22:43

リアノン

カバ丸1号さん、こんばんは。

そうそう、写真を撮るときはけっこうしゃがんだり、腰をかがめたりします。
無理な姿勢をすることも多くて、写真撮るのって大変だなあ、といつも思います。

床に這ってみると、普段と見え方が違っておもしろいですよ。
やってみて下さい。

誤植、お気になさらずに~

  • URL
  • 2013/11/20 22:53

リアノン

きむさん、こんばんは。

あー、猫って見下ろしてる時は、自分が優位だと思ってるらしいです。

ひまりさんは、きっと自分がこの家の中心であることをわかってるんだと思います。

でも、それって、ひまりさんにとってはとても幸せなことですね。
ブログ見てると、そのことがよくわかります。

  • URL
  • 2013/11/20 22:57

ひろ

リアノンさん、こんばんは。

うちは小さい頃から、亡くなった母が、火や刃物があって危ないといって躾けていたので、未だにシンク、ガス台には上がりません。キッチンのカウンタにも上がってはいけないことになっていて、見ているところでは絶対に上がりませんが朝になるとボチボチと足跡が残っていて笑ってしまいます。

洗濯機上のレオ、ハンサムだなあ。(ベタな表現でスミマセン。)
  • URL
  • 2013/11/23 20:20

リアノン

ひろさん、こんばんは。

そうですね、まあ、キッチン台の上には上がらないほうがいいですね。

猫なりに気を使ってるんですね、笑っちゃいますけど。

上がりたそうにしながらも我慢していたら、褒めてあげてくださいね。
きっと、喜びます。

  • URL
  • 2013/11/24 22:48

valek

目線を合わせるってすごく大事だなぁと思います。
サイくんを呼ぶとき、立ったまま呼んでも来てくれないけど、
しゃがんで名前を呼んだらトットットットと
小走りで向かって来てくれるんです。
いつもそう。
寄り添えば寄り添ってくれる、そんなニャンコが大好きです。
  • URL
  • 2013/11/27 01:55

リアノン

valekさん、こんばんは。 返信が遅くなってしまって、すみません。

そうかあ、しゃがむとサイくんは来てくれるんですね。

きっと、しゃがんであげるとママの顔がよく見えるんだと思います。
だから思わず走り寄ってしまうんじゃないでしょうか。

比喩的にも「目線を合わせる」という言い方をしますが、猫との生活では文字通り、
目線を合わせしてあげると、普段は見えないいろんなことがわかってきます。

  • URL
  • 2013/11/30 22:54

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

リアノン

Author:リアノン
独身男の一人暮らし。

猫と暮らしたくて、一人で寂しい思いをしている子を、と思い里親募集に申し込んだら、一方的に断られた。

一人暮らしの男に猫と暮らす資格はあるのか? 

これが、このブログのテーマです。

フリーエリア

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。