スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れられないルール

猫は、季節ごとに、時期ごとに寝る場所を変える。 うちだけなのかと思っていたが、
いろんなブログでも時々似たような話を読むことがあるので、そういう家猫は多いのかもしれない。

1週間ほど前まで、レオは和室の一番奥の物陰で寝ていた。 去年まではそこで寝ていること
なんてなかったが、今年はいつもより暑さが長引いて、エアコンを入れている時期が長かった
せいだと思う。

で、今週からは、また場所を変えて、タワーの洞穴の中で眠るようになっている。


IMG_2305_convert_20131020145524.jpg 


なんでこんな狭くて不安定な場所を好んで寝床にするのか、人間にはさっぱり理解できない。
夜中だけならまだしも、日中の昼寝もずっとここに潜っている。
タワーはリビングの窓際に置いてあるのだが、その側にはオーディオのスピーカーやテレビが
あるので、週末の日中はそれらが大きな音をたてる。

昨日は、イギリスから国際便で届いたばかりの古いジャズのレコードを聴いたり、


IMG_2310_convert_20131020145708.jpg 


安く手に入れたイザベル・ファウストのバッハの無伴奏を聴いたりしたが、洞穴から逃げ出す
こともなく、何度も眼を覚ましながらも、それでも眠り続けていた。


IMG_2309_convert_20131020145620.jpg 


これで2~3週間すれば、また別の場所を寝床にするようになるのだろう。

これは、きっと猫の本能なのだろう。 眠っている時間が長いネコ科の生き物は、ねぐらを
一か所に定めてしまうと、眠っている間に襲われる可能性が高くなる。 だから、定期的に
ねぐらを変える習性ができたんだろう。

いつも見かけていた野良猫がいつの間にかいなくなるのは、それが関係している場合もきっとある。

ネコ科の生き物はライオンを除いてほとんどが単独生活を送る。 自分の身は自分で守らなければ
ならない。だから、寝床を変えるというルールは、猫にとってはかなり大事なルールなんだろうと
思う。でも、家猫になったらそんなのは忘れてしまえばいいのに、と少し不憫だ。


IMG_2297_convert_20131020145318.jpg 
【 忘れたくても忘れられないことって、ある 】

猫が1人で静かに佇む姿には、言葉ではうまく言い表せない雰囲気があると思う。
そしてそのことに気付くことができるのは、1人で静かに過ごすのが好きな人が多いのでは
ないだろうか。そんな気がする。

俺が猫に惹かれるのは、そういうところが自分に似ているからなんだと思う。

かわいいだけなら、うさぎやリスやフクロウもかわいいと思うし、もちろん、犬もかわいいと思う。
でも、そういう生き物たちとではなく猫と暮らそうと思うようになったのは、これまでの人生の
中で見てきた猫たちの姿が、いつの間にか自分の姿に重なっていたからなんだと思う。
 


                         IMG_2299_convert_20131020145403.jpg       【 孤独を愛するもの同士 】




スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://quatour.blog.fc2.com/tb.php/135-de37bd40

Comment

Azu

似たもの同士だから惹かれる・・・。
以前に、どうしてリアノンさんが猫と暮らしたいと思われたのか?…という質問をさせて頂いたことがあったのですが、その答えが分かった気がします^^

私が、猫のどこが好きなのかと聞かれたら、一言では「全て」としか言えないですが、そのひとつにその姿の可愛さ・美しさがあると思います。
耳、目、マズル、脚、肉球、猫背、しっぽ・・・、どのパーツをとっても可愛くて、見惚れてしまいます。
私も1人で過ごすのが苦にならないタイプですが、猫ってベタベタ甘えることも出来るし、かと思えば、一人でお気に入りの場所で寝ていたり・・・、人間と程よい距離間で暮らす事ができる生き物だと思います。
  • URL
  • 2013/10/22 02:04

リアノン

Azuさん、こんにちは。

リクエスト頂いてから回答までに随分時間がかかってしまいましたね。 すみませんでした。

猫の外見の造形美の完璧さは、まあ、疑う余地はありません。

特に、うちの仔は、と言いたいところですが、ここはグッと我慢しておきましょう。


  • URL
  • 2013/10/22 17:22

カバ丸1号

リアノンさんこんにちは。

猫好きか~
何ででしょうね。
21年以上も猫と暮らし・・
急にその猫さんが旅立つと・・
猫禁断症状が出ましたのよ(--〆)
あの触り心地・・
あの姿・・私もすべてが好きですね。
で、迎えたチビッ子たち・・
猫・・不思議な魅力がありますよね。
  • URL
  • 2013/10/24 12:44

kakobox

うわ~タワーの洞窟で寝てますね~。
へえ~こういう風に眠るわけね。
レオ君は、いつのまにか、リアノンさんのような耳の感覚が養われているかもしれませんよ。
聴きたくて、聴いているのかもしれません。

猫ちゃんの居場所や寝場所にブームがあるって、そういうことだったのですね。
我がしろちゃんは、少し野生の本能を忘れてしまったようです。
あまりにも私と密接な生活で、赤ちゃん還りしたのかしら。
夜も昼寝も、四六時中そばを離れません。

レオ君の毛の色は、角度や光で絶妙に変化しますね。
このお写真の背中はなんて美しいのでしょう。
一本の毛自体の色が、先と根元で違いがあるから、このように立体感あるつやになるのでしょうか。
小顔、美しい被毛、スレンダーなスタイル。
猫ちゃんの魅力は容姿ではないと思っておりますが、容姿もまた文句のつけようがない完璧なレオ君、できすぎですよ♪
寒くなりましたから、リアノンさんもレオ君も、体調崩しませんように。

ひろ

リアノンさん、こんばんは。

そうか、定期的に寝床を変えるということはそういうことだったのですね。私はそれを、「最近のブーム」と呼んでいます。
猫って、気まぐれとか、わがままとか言われますが、いつも同じじゃないところがなんとも言えず好きです。呼んでもたいてい来ないけど、ごくたまに走ってこられると、期待していなかっただけにとてもウレシイ。
  • URL
  • 2013/10/25 19:20

リアノン

カバ丸1号さん、こんばんは。

猫と人、種が違うのにこんなに親密な関係で暮らせるのは本当に不思議なことだと思います。

ちぃちゃんがいなくなった寂しさを癒してくれるのには、やはり2にゃんくらいのパワフルな
賑やかさが必要だったんでしょうね。

ちぃちゃんが、そう仕向けてくれたんじゃないでしょうか。

  • URL
  • 2013/10/27 23:01

リアノン

kakoboxさん、こんばんは。

先日遊びに来た愚妹も、あんた毛がホントにツヤツヤしてるねえー、と言ってました。

そりゃそうだよ、いいもの食べて、ストレスのない毎日を過ごしてるんだから、と答えておきました。
こんな生活ができて、我が猫ながら羨ましい限りです。

しろちゃんはほんとうにkakoboxさんのことが好きなんだと思います。
猫って、知れば知るほど、人間みたいに思えてきます。

  • URL
  • 2013/10/27 23:09

リアノン

ひろさん、こんばんは。

呼んで走ってこられると、本当にうれしいですよね。 わかる、わかる、ウンウン。

私も「ブーム」だと思ってましたが、やっぱりちゃんとした理由があるんだろう、と
考え直しました。 きっと、これで合ってるんだと思いますよ。

  • URL
  • 2013/10/27 23:11

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

リアノン

Author:リアノン
独身男の一人暮らし。

猫と暮らしたくて、一人で寂しい思いをしている子を、と思い里親募集に申し込んだら、一方的に断られた。

一人暮らしの男に猫と暮らす資格はあるのか? 

これが、このブログのテーマです。

フリーエリア

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。