スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キスと抱擁

いい年をしたおっさんが猫とベタベタ馴れ合っているのは、想像するまでもなく
いささか気持ち悪いものがある。 当事者としては、そんなことないよ、と、ここは
力を込めて否定しておきたいところだが、残念ながらこればかりは否定しようがない。
猫カフェだって、本当は行きたいのに、行けない。
行けばいいじゃん、とあなたは言うかもしれないけど。

だから、一歩外に出ると、クールで無愛想で不機嫌そうな態度を装い、
猫? 猫カフェ? 何ですか、それは、という感じで普段はやっている。


IMG_1525_convert_20130414105426.jpg
                    【 世間体なんか気にする訳? 】


でも、朝早い時間に道端で猫を見かけたりすると、周りに人がいないことを確かめてから、
小さい声で、おはよう、と言って、にっこり笑って、うんうん、と頷いてみせる。 
猫好きのおっさんも、なかなか大変なのだ。


IMG_1532_convert_20130414105832.jpg
                          【 バカみたい。 】


仕事から帰って来る時は、いつもカバンとスーパーのレジ袋で両手が塞がっている。
玄関の扉を開けると、レオは必ず迎えに出てくれて、身体を俺の脚にぶつけてくる。
でも両手が塞がっているし、手が汚れていてはいけないから、と思って、
ただいまー、と声を掛けるだけだ。

キッチンへ行き、レジ袋から品物を出し、手を念入りに洗う。
でも、レオはそうしている間にもかまって欲しいからシンク台の上に飛び上がり、
俺の腕に身体を擦りつけてくる。

両手が水で濡れていて撫でてやれないから、「じゃあ、チューは?」と言って
顔を近づけると、レオはおでこを俺の口に当てた。 

これがきっかけで、「レオ、チューは?」と言うと、レオはおでこを俺の口にコツンと
あてるようになった。

これは、かなり嬉しい。


IMG_1558_convert_20130414110133.jpg
                   【 ご機嫌とる方の身にもなってくれ~ 】


レオは膝の上に乗ってきて座り込んだりしないし、抱っこもさせてくれない。
本人が嫌がるんだから、こちらも無理にそれを求めることはしないのだが、
猫と暮らしていて、これはちょっとないんじゃないか、と思うこともある。

子供の頃はこうではなかった。
いつも膝や腹の上に乗っかってきて、よくそこで眠っていたし、抱っこしたまま
家の中を歩いても嫌な顔もせず、おとなしくじっとして周りの景色を眺めていた。


IMG_1544_convert_20130414105945.jpg
                     【 あの時はあの時、今は今。 】


そこで、隙を見計らって後ろから両脇を抱えて持ち上げて、胸にレオの背中をしっかり
当てて体重をこちらに乗せるようにしてやると、両手を前に伸ばして、両脚をだらりと
下げて、嫌がらずにじっとしている。 
だから、時々そうしてこちらの溜飲を下げている。

レオの頭に顎や頬を当てると、下から俺の顔をじっと見つめている。

お前が小さかったころ、こうやっていつも抱っこしてたんだよ。 憶えてるかなあ。

そう言いながら、小さな頭に頬を当てる。 レオの頭に顎や頬を当てながら話をすると、
よりきちんと伝わるような気がするからだ。

レオは話を聞きながら身体をよじることもなく、じっとこちらを見上げている。 
いつか、また、抱っこさせてくれるようになってくれたらいいのになあ、と思う。


IMG_1540_convert_20130414110359.jpg
                  【 宙ぶらりんで怖いのよ、あれ 】




スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://quatour.blog.fc2.com/tb.php/108-dc1133dd

Comment

カバ丸1号

リアノンさんがこっそり外猫さんに微笑みかけている光景・・
勝手に想像して・・ニンマリしているおばさんです(笑)

そして、いつもレオちゃんのコメントが楽しみでね・・
正確に言うと、レオちゃんが思っているであろうコメントですね。

私も、布団の中でちいちゃんに顔をくっつけて・・
色んな事、お喋りしている・・
気持ち悪いおばちゃんですわ~
  • URL
  • 2013/04/14 21:22

ミシェル

さぁちゃんは野良ネコさんを見つけると、
周りはまったく見えなくなって、
ねーねーって話しかけては、
ネコさんにまで無視されて、
ひとりぼっちでがーんってすることがあるそうです。

でも、まいほーむに帰ってくると、
ボクがいて、
すりすりと、おかえりのちゅぅが待っているので、
いつも幸せですって。

ボクはさぁちゃんにくっつくのは好きですが、
わざわざ膝の上に乗っていくことはなくなりました。
だってボク、
もう立派なノル王子ですから、
そんなことしないんです。
するならそっと、
誰にも知られずにするんです。
  • URL
  • 2013/04/14 21:54

めぐ

はじめまして。いつも楽しく拝見しています。

猫の顔に近づけて話をする、私も良くやってます。仰向けになった自分の胸の上に乗ってきた猫と「最近どうよ?」などと話しながら(一緒に住んでるのに最近どうよっていう問いかけはどうかと思いますが)。そうやっている時間が一番落ち着きます。

ちなみに、家での猫との接し方は会社の人には見せられません・・・。実家の家族にも見せられないかもしれません(苦笑)

リアノンさんの記事をこれからも毎週末楽しみにしています。

lenny-tohno

初めてコメントします。
1年前より、こちらのブログを拝見していましたが、コメントせずにいました。
最初に知ったのは、「カフェオレ色の午後」の中にて、引っ越し(ブログ村のカテゴリー変更)でした。

私も、一人暮らしの猫飼いです。
私の日常、帰宅時の、二匹の猫とのやり取りも、同様に第三者が見れば、恥かしくなるかもしれない、おっさんと猫の戯れです。

これからも、引き続き拝読させてください。
夕方に、「サザエさん」を見ながら、暮れてゆく休日の終わりを惜しみ、明日からの一週間を考える。
そんな人が多いと思いますが、テレビを見ない私にとって、こちらのブログは、日曜夜のルーチンワークと言っては、失礼でしょうか。

lenny-tohno
http://ameblo.jp/fselmbh/
には、未だ記事はありません。
  • URL
  • 2013/04/14 23:02

ひろ

リアノンさん、おはようございます!

男性の猫飼って、勝手にハードボイルド風な絵を想像してしまうわけですが、なーんだ私と同じです。

そして、これは単なる自慢ですが、うちのは膝にも乗ってくるし、抱っこも大好きです。仔猫の頃は嫌がってましたが、猫によって違うんですね。
  • URL
  • 2013/04/15 08:34

Azu

こんにちは

私の実家での猫飼いの経験上、オス猫の方が歳を取っても甘えん坊の仔が多いです。
メス猫も甘えますが、四六時中と言えるほどベッタベタに甘えてくるのは、何故かオス猫の方が多かったです。
今でも実家に帰ると、我が先にと私の膝を取り合うのはオス猫達です(笑)
(ちなみに私が女性だからではなく、猫にとって人間の男女は関係ないみたいです。)
猫に甘えられるのは嬉しいことではありますが、でも、それは、実家では常に多頭飼いであるのため、人間の愛情を独り占めしたい(=愛情不足)という気持ちの現れではないかと思うと申し訳なく思います…。

きっと、レオ君はリアノンさんの100%の愛情を感じていて、安心してるんだと思いました。
もし膝に呼びたい時は、季節が寒くなった頃、家に人がいる時は暖房器具を消して、毛布に包まって待ってみてはいかがでしょうか(笑)
ズルい方法ではありますが…(*´艸`*)
  • URL
  • 2013/04/15 11:35

鼓太郎

リアノンさん、こんにちは。

読みながら、くすくす笑ってしまいました。
お外の猫ちゃんに、「おはよう」と声をかけているリアノンさんのお姿、想像して。



私も猫と話してる姿、あまり人には見せられませんが(笑)

猫って、本当に本当に愛おしい存在ですね!






  • URL
  • 2013/04/15 14:43

kei

リアノンさん

こんにちは。
猫カフェのくだり、笑いました。
僕も同じ気持ちだったので。

しかし、今は里親さん募集の
牡ネコくんをボランティアの方から
連絡待ちの状況なので
猫カフェでは、どんな猫用品を
使っているのかな。。と
店長さんから、アドバイスをもらう
ために、会社帰りの金曜日の後に
数回行きました(笑)
何せ、自分は初めての猫を
受け入れるために真剣です。

もちろん、スーツに毛がついて
猫カフェの猫が風邪を引いていた
ので、スーツに思いっきりネコの
鼻水が何カ所か付きました。
まあ、クリーニングに出せばいいので。。。

おかげで、まあ何とか猫用品も
猫カフェの店長さんと
大学からの友人がスコティッシュを
家族で飼っているのでアドバイスを
してもらい、
まあ何とか猫用品だけは
だいたい揃いました。

まあ、ネコくんに性格にもよるので
すべて気にいってくれるかは
わかりませんね (^ ^)

それでは失礼致します。
  • URL
  • 2013/04/15 14:55

ちま

わかります!! 家の子も抱っこが好きではなく、膝にも乗ってくれません。『撫でろ』といって近寄って、撫でると『触るな』といって去っていく… 夜寝る時に毛布の上からフミフミしてくれますが、物足りなさを感じます。なので、鼻チュウ-が主なスキンシップ。
抱っこしたいなぁ…
  • URL
  • 2013/04/15 18:45

リアノン

カバ丸1号さん、こんにちは。

怪しいおっさんの姿ですが、誰にも見られないように細心の注意を
払っておりますので、ご安心ください。

ちいちゃんはどんな鳴き声なんでしょう。
一度聴いてみたいです。

  • URL
  • 2013/04/15 22:53

リアノン

ミシェルくん、こんにちはー。

女の子はいいんですよー、別に。例え、一人でがーん、となっていても。
何をしていても、基本、可愛いんですから。

おっさんは、臭いだの、汚いだの、気色悪いだの言われながらも健気に生きて
いかなければならないんですから、なかなか大変です。
僕も、世間の皆様にご迷惑をおかけしないよう、できるだけ謙虚に生きています。

単頭暮らしの男の子は、ミシェルくんやレオのように、そういう独立心旺盛な
傾向があるのかも、ですね。
甘えて欲しい反面、男の子なんだからそのくらいのほうがいい、とも思ったりします。

  • URL
  • 2013/04/15 23:02

リアノン

めぐさん、はじめまして。 コメント下さり、どうもありがとうございます。

ルコさんは美人さんですねえ。 絵にかいたような女の子です。
やっぱり、雄猫とは見た目が全然違うもんですね。
うちのような男子校には羨ましい限りです。

どこのお宅も、愛猫と過ごす様子は非公開が一番よろしい、ということですね。
ブログでも、公開して差し支えない部分だけ公開するのがいいのかもしれません・・・・

今後とも、よろしくお願い致します。

  • URL
  • 2013/04/15 23:28

valek

リアノンさん、こんばんは。

わたしも野良猫さんたちに出会うと
ついつい話しかけてしまいます。
応えてくれる子もいれば、じっと見つめるだけの子、
サササと逃げてしまう子とイロイロですが
ひとこと話しかけないと気が済まなくて(笑
きっと、猫が特別好きじゃない人からしたら
気持ち悪いだろうな〜と思うんですけどね、やめられません(笑

男性が野良猫さんに話しかける姿、確かにあまり見かけないですが、
たまに 座ってるおじさんの横で付かず離れずの野良猫さんがいたりします。
おじさんは特に撫でたりするわけでもなく、おやつをあげるわけでもない。
野良さんもすり寄って行くこともないんですが、
でもちゃんと一緒に居る感じがするんです。
何故か女性が同じように側に居るよりも
男性がそうやって寄り添っている方が
ふたりの間に何かが繋がっているように見えてしまいます。

でもきっと、これは私が猫好きだからなんでしょうね(笑
このおじさんは野良さんとイチャついてるわけではありませんが
男性が野良猫さんに話しかけてる姿はやっぱりちょっと・・・・が
一般的かもしれません(笑

でもおうちでは だれも見ていない二人だけの世界。
離れていた時間を取り戻すべく、毎日のキスと抱擁は
リアノンさんにとってもレオくんにとっても
大事な大事な日課だと思います。


  • URL
  • 2013/04/16 00:16

リアノン

lenny-tohnoさん、はじめまして。 コメント下さり、どうもありがとうございます。

仲間がまた増えて、嬉しいです。 男一匹、猫二匹、いいですね。
男が猫と暮らすのは、とてもいいことだと思います。

日曜日の夕刻の切なさを紛らわすお役に立てれば、こんな嬉しいことはありません。
大した内容ではありませんが、今後ともよろしくお願い致します。

  • URL
  • 2013/04/16 16:07

リアノン

ひろさん、こんにちは。

それは羨ましい。 うちとは反対なんですね。 不思議です。

男が猫と暮らす場合、明らかに友人としての感覚で接している時間が長いように
思います。 だから、別に、猫っぽく振舞ってもらいたい訳ではないのですが、
まあ、たまには、抱っこしたくなったりする時もあるんです。

この仔が年老いたら、その時はきっと、また抱っこできるようになるんじゃないかな、
と思っています。

  • URL
  • 2013/04/16 16:16

リアノン

Azuさん、こんにちは。

なるほど、愛情を感じていて安心している、というのは新説です。
そうだといいんですけどね。

雄猫のほうが甘えた、という風説は本当なんですね。
雌とは暮らしたことがないのでわかりませんが、なんとなく、わかる感じです。

確かに、真冬の夜、暖房を入れずにおくと、レオは私の布団の中に入ってきますが、
私が動くと、すぐ出て行ってしまいます。
そうすると、その後を寒い中で過ごさせてしまうことになってしまうので、
やはり暖房は切れないんです。

自分のエゴのために、寒い思いをさせたくないですもんね。

  • URL
  • 2013/04/16 16:23

リアノン

鼓太郎さん、こんにちは。

そうですね、猫と話をしているところは、できれば人には見せたくありません。

別にやましいことをしているわけでもないのに・・・・
何なんでしょう、一体?

  • URL
  • 2013/04/16 17:16

リアノン

keiさん、こんにちは。

そうですか、猫カフェに・・・
どんな感じなんでしょう、ちょっと想像がつきません。

やはり、大勢の猫がいると、一匹一匹のケアが十分にいかないんですね。
猫には、あまりいい環境ではないんでしょう。

私は実際に猫カフェに行っても、いろんなことが気になって、
きっと、あまり楽しめないような気がします。

食器やトイレのような日用品を先に揃えておいて、おもちゃなんかは
あとで買っても大丈夫ですよ。

お迎えするのが、楽しみですね。

  • URL
  • 2013/04/16 17:38

リアノン

ちまさん、こんにちは。

>『撫でろ』といって近寄って、撫でると『触るな』といって去っていく…

ですよね~。 これぞ、ネコ、って感じです。

でも、フミフミや鼻チューだって、十分可愛いですよ。

  • URL
  • 2013/04/16 21:58

リアノン

valekさん、こんにちは。

猫は一人で佇んだり物憂げにしていることが多いので、そういうところが
男性の雰囲気に合うのかもしれません。

でも、そういうことを感じ取ってくれる人は、たぶん、一握り。
目を顰めて陰口叩かれないよう、気をつけねばなりませんね(笑)

日中留守にする平日は、夜、家に帰ると、レオの甘え方は休日よりも激しいです。
こんな俺でも、帰ってくると嬉しいと思ってくれるんだなあ、と思うと切ないです。

  • URL
  • 2013/04/16 22:09

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2013/04/16 22:54

リアノン

まりおさん、はじめまして。 コメント下さり、どうもありがとうございます。

猫たちは、そうやって人から愛されたことをどのくらい理解して憶えるのでしょう。

僕らがこんなにも愛していることを、どのくらいわかってくれているのかなあ、と
いつも考えます。

考えても仕方ないのかもしれませんが、どうしてもそれを伝えたくて、
毎日たくさん話しかけてしまいますね。

今後とも、よろしくお願い致します。

  • URL
  • 2013/04/17 21:48

シオ

リアノンさんこんばんは~

キスと抱擁♥
幸せな生活にはかかせませんね。
MAX、それ以上の愛情を注いでいきましょうね^^
って受け付けてくれるのかなぁ…
受け取ってくれーって思っています。

あの時はあの時、今は今。
まったくだって思いますが、だってちょっと前は…って思ってしまう自分です。
  • URL
  • 2013/04/17 22:30

やまのひつじ

あんなに可愛い生き物を見て、素通りなんてできませんよね。
そして、自分の部屋に帰れば「自分の猫」「家族猫」がいることに感謝・・・。
うちの子は、最近甘えん坊で、膝の上に乗っては寝てます。
前はキャットタワーから見降ろされてましたが(笑)
  • URL
  • 2013/04/17 22:44

リアノン

シオさん、こんばんは。

相手が猫であれ、人であれ、愛情表現はわかりやすくするのが一番です。
経験的に言って、それが間違いないです。

人が相手だと照れる場合もあるでしょうが、猫が相手なら問題ないでしょう。

  • URL
  • 2013/04/18 23:13

リアノン

やまのひつじさん、こんばんは。

素通りはできませんねえ。

大体、こんなかわいい生き物が外でうろうろしていることが信じられません。
全部連れて帰りたい、と思うのが本音ではないでしょうか。

家に猫がいてくれてよかったな、と思います。

  • URL
  • 2013/04/18 23:22

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2013/04/21 18:17

レオママ

リアノン様
初めまして、レオママです。

我が家には、レオと名前のアビシニアンがいます。
以前からこちらのブログを読ませていただいています。
同じ名前のレオで、検索してヒットいたします。

リアノン様の文章に感銘したりと、拝見させて
頂いております。

我が家のパパは、レオなしでは過ごせないくらい
やはり猫可愛がり状態です。(もちろんおじさんです!)
愛おしい気持ち、レオ君が一番の気持ち
とても良くわかります。
我が家のレオは障害がありますが、楽しくレオと
過ごせることを日々感謝いたしています。

これからも楽しみに拝見させていただきます。

リアノン

lenny-tohnoさん、こんばんは。

そうですか、草むらに置かれた箱の中の子猫を・・・・

そんな絵に描いたような猫の捨て方が、本当にあるんですね。
酷い話ですね。 生後2週間だなんて・・・
殺す気だった、ということですよね、その子たちを捨てた人は。

小さな、消えかかった命を救ってくれて、ありがとうございます。
きっと、貴殿が本当にピンチの時、誰かが救いの手を差し伸べて
くれるのではないでしょうか。

NEKO2、知りませんでした。 読んでみます。

  • URL
  • 2013/04/22 22:06

リアノン

レオママさん、はじめまして。 コメント下さり、どうもありがとうございます。

レオ友がまたできて、嬉しいです!

日本で1,2位を争う雄猫には多い名前だそうですが、別に、そんなのどうでも
いいですよね。 猫に相応しい名前だと思っています。

レオさんは障害をお持ちなんですね。 
でも、元気に長生きされていて、素晴らしいと思います。
不自由があっても、無くても、かわいい我が子であることには
何のかわりもないですよね。

うちのレオも今は元気ですが、いつ病気になってもおかしくない。
もしそうなっても、私の愛情は何も変わらないと思います。

今後とも、よろしくお願い致します。

  • URL
  • 2013/04/22 22:15

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

リアノン

Author:リアノン
独身男の一人暮らし。

猫と暮らしたくて、一人で寂しい思いをしている子を、と思い里親募集に申し込んだら、一方的に断られた。

一人暮らしの男に猫と暮らす資格はあるのか? 

これが、このブログのテーマです。

フリーエリア

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。