スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフター・ザ・レイン

6月なのに、台風が上陸した。
日本列島の北側と南側に高気圧があり、その間にちょうど道ができている。
そこに招かれるように、台風はやってきた。

ただ、家が暴風雨に巻き込まれたのは俺が帰宅した後だったので助かった。
大型でとても強いが速度が速いので、明け方には関東地方を抜けていった。

22時頃から外では激しい風が吹き荒れ、轟音が鳴り響いた。
テレビの音が聞こえなくなるほどの音だ。
レオはそのたびにイカ耳になって、移動する音の軌跡を目で追いかけた。

人間はこれが台風の風の音で、数時間後には納まるのを知っているが、
猫はそんなことを知る由もなく、怯えるしかない。 そう思うと、不憫だった。

晩御飯が終わり、遊び終わると、いつもは1人で静かに眠るのが好きなのだが、
この日は遊び終わっても俺の傍から離れず、書斎の机の上で眠っていた。
その姿を見ながら、いつだったか停電になった時のことを思い出した。


ある雨の日、仕事から帰って、風呂から上がってドライヤーで髪を乾かしていた時に、
バチン、と音がして、家の中が真っ暗になった。
うちは多めの電気量で契約していて、ドライヤーくらいでブレーカーが落ちたりしない。
なんだよ、一体、とブツブツ言いながら廊下に出ると、家の中が異様に暗い。
なんかおかしいな、と思って外を見ると、街中の電灯が消えていた。
停電だった。 雨で街一面がぼんやりと煙っていた。

すぐにレオが大きな声で鳴き始めた。 いや、泣き始めた。
家中の部屋を順番に廻り、窓から外を見て、泣き続けた。

俺は手探りで書斎まで行って懐中電灯を探した。
すぐに手に取れる場所に置いてあるのだが、そもそも家の中の移動がままならなかった。
やれやれ、もっとたくさんあちこちに置いておかなきゃいけないということだな。

「大丈夫だよ、泣かなくていいんだよ」と声をかけ、何度も何度も撫でてやった。
それでも、レオは泣き続け、玄関のドアの前に行ったり、廊下をうろうろと歩き回り、
俺の足下に来ては身体を摺り寄せた。
いつもと違うあたりの様子に、怖がって怯えていた。

俺はリビングの床に座って、灯りがつくのを待った。
しばらくすると、レオも落ち着いてきて、俺の傍に座った。
「早く電気がつくといいね」と言って、撫でながら一緒に待った。


いつもと違うことが起こった時、こうやって傍にいてやれるといいんだが、と思う。
暴風雨の音では泣いたりはしなかったが、それでも俺の傍に居ようとしてくれる。
こんな俺でも、頼りにしてくれるのだ。
その夜は、文字通り、2人で肩を寄せ合って過ごした。

翌朝は、風はまだ強く吹いていたが、雨はすっかり上がり、空は汚れが全て
どこかへ吹き飛ばされて、真っ青に晴れ渡っていた。

レオを後ろから抱き上げて、窓から空を見せてやった。
「ほら、きれいな青空だ」と言うと、レオは俺の顎に小さな頭をくっ付けて、
俺の顔を見上げた。



IMG_0794_convert_20120624145158.jpg



スポンサーサイト

雨の日はチェット・ベイカーを聴きながら

関東もいよいよ梅雨入りした。 これから1か月、雨の日が続く。
街はぼんやりと煙り、灰色の空と境界線を失って遠く淡く混ざっていく。

くせ毛の髪が湿気ですぐにくしゃくしゃになってしまうので、雨が本格的に降り出す前に、
金曜日は早々に仕事を切り上げ、髪を切りに行った。 

もう10年以上通っている美容室で、おっさんがこんな小ぎれいな美容室に
いつまでも通っていいのかなと思うが、長年担当してくれている美人のおねえさんは
俺のやっかいな髪質をよく知っていて、欠点をうまく補ったカットをしてくれるし、
余計な話をせず静かに接してくれるので、どうも店を変える気になれない。

家に帰ると、いつもと違う髪の匂いをかごうと、レオはタワーに上って両手で
俺の頭を抱え込み、顔を髪の中に突っ込む。 いつまでも匂いをかぎ、
髪を舐めたり齧ったりしている。 彼が飽きるまで、俺はじっとそのまま待つ。


土曜日は、朝から雨が降っていた。 湿った空気はひんやりと冷たく、少し肌寒い。

雨の日は、レオもなんとなくおとなしいような気がする。

俺の起きる時間がいつもより遅いと、今日は休日で遊んでもらえるのがわかるらしく、
いつもならまとわりついてくるのだが、昨日は床に寝転んでいた。

午後になっても外は明るくならず、家の中も薄暗い。
レオは、床に置いた紙袋の中に潜って、1人で静かに遊んでいる。


IMG_0810_convert_20120616161559.jpg


出ておいで、遊ぼうよ、と声をかけても目を細めて返事するだけで、気のない様子だ。
俺も外に出る気にならず、所在なくソファーに座っていた。
お互い、冴えない感じだった。

バルコニーに出て、エアコンの室外機の上に置いてある小さな皿に小鳥の餌を入れた。
その横には小鳥用の巣箱が置いてある。 その中にも餌を入れる。

これは、レオのためにやっていることだった。
バルコニーに小鳥が来るようになれば、レオがきっと喜ぶだろう、と思って始めた。
尤も、本当に小鳥が来ているのかどうか、よくわからなかった。 
皿に入れた餌はいつも無くなっていたが、小鳥が食べているのかもしれないし、
それとも風で飛ばされているだけなのかもしれなかった。
それでも、俺は懲りずに続けている。 
少しでもレオが喜んでくれたらそれでいい、と思って。


ターンテーブルにチェット・ベイカーの古いレコードを載せて、真空管が温まるのを
少し待って、レオと2人で聴いた。
1955年にチェットが単身パリに渡って録音した、古いレコードだった。
物悲しい Sad walk という名のバラードが、雨の日の午後にはよく似合った。


IMG_0848_convert_20120616170025.jpg


IMG_0866_convert_20120616170243.jpg


友達が教えてくれたAKBのこと

AKB48の総選挙が終わり、なるべき人がなるべき順位となった。
客観的に見て、彼女たちは頑張っている。 だから、涙を流している姿を見て、
よかったな、と思った。

と、言っても、俺がAKBのことを「ちゃんと」知ったのは、3か月ほど前のことだ。
金曜日の夜、友達と飲んでいる時に、ところでAKBって知ってるか?と訊かれて、
うーん、名前は知っているような、知らないような、そんな感じかなあ、と答えたら、
そんなことじゃイカン、と色々と教えてくれた。

なるほど、そういうことか、と思い、ツタヤで彼女たちのドキュメンタリーDVDを借りたり、
YouTubeで過去の総選挙時のコメントを観たり、少し勉強した。
どんなこともバカにしたりせず、まずはきちんと見ることだ。
知らないことを知る、というのは、いいものだ。 判断はその後でいい。

酒を飲みながら、友達はこう言った。
「独身なんだから、知らなくて当然だよ。 俺だって、子供がいなきゃ、こんなの
知らなかったと思うよ。」


その立場になってみて、初めて知る、ということは多い。
猫と暮らすようになって、いろんなことを知るようになった。
殺処分のことも、その1つだ。

ブリーディング自体が問題なのではなく、売れ残った仔猫を殺処分したり、
捨てたりする悪徳業者がいることが問題なのだ。 
じゃあ、例えば、こうしたらどうだろう。

繁殖業への参入が容易で、供給過多になっているのが問題の1つなのだから、
そこに制約をつくる。 

人が繁殖で生計を立てることを制限するために、繁殖業は副業の場合にのみ認可する。
個人の場合、主業での収入が安定的に年収1,200万円以上で、且つ、可処分所得が
200万円以上あること。
業者登録の届け出制度を義務化、免許の有効期限は1年度のみとする。
かかりつけの獣医師を決めることを必須として契約を結ばせ、届出を義務化。
年間の繁殖数をXX頭までと上限を決め、売れ残った子の引き取り飼育を義務化。
引き取った仔の数に応じて、年間繁殖数の減少も義務化。
近親交配の禁止を義務化。
個体のトレーサビリティを担保するため、マイクロチップによる個体情報の
データベース化を行い、行政機関や野良で見つけた場合、刑事罰を与える。
但し、業者へは税制優遇を適用し、少ない繁殖数でも事業が成り立つ保証を与える。
契約獣医師による飼育状況の年1回の監査を義務化し、報告書を作成。
毎年の決算報告を義務付け、B/S、P/L、CF計算書と獣医師の報告書を提出させ、
一定の財務状況と飼育状況以上の業者にのみ、翌年の営業許可を与える。
優秀な業者は表彰し、プラスαの優遇措置を付与。
また、無許可業者から購入した者にも、罰則を与える。 

大雑把にいうと、こんな感じ。 これらの中には、今の法令で既に定められているものも
あるだろうけど、「必要に応じて」という自主運営に任せるのではなく、専任の監督機関を
定めて、運用を厳格にする必要があるということだ。 つまり、金がかかる。

優秀な学歴の役人たちは、この程度のことはとっくにわかっているだろう。
ただ、それをやりたくても、金がないのだ。 財政再建が必要、ということだ。
財政再建が進むよう、国民は政治の監視をもっと厳しくする必要がある。 
不幸な仔を減らすために我々ができることは、いろんな形で存在している。


先週は、日中は蒸し暑くても、夜になれば気温も下がって涼しい風が吹き、
まだまだ過ごしやすい毎日だった。

だから、レオの食欲も少し回復した。 プラチナ乳酸菌も効いているのか、毎日快便だ。 
俺が家にいる時は、とにかくあの手この手で遊びに誘ってくれる。

俺も、去年の秋から地道に続けているダイエットのおかげで、体重が7Kg減った。
そのせいか体調が良く、遊びのお誘いには100パーセント対応している。
だから、レオはとてもご機嫌だった。 
不思議なもので、その顔は本当に嬉しそうに見えるのだ。


IMG_0806_convert_20120610120903.jpg
                           【 遊ぼ? 】


おかしな外の世界と穏やかな家の中

昨日、食材を買うためにスーパーへ行こうと着替えをしている時、TVのニュースで
こんな話が流れていた。

熊本県の慈恵病院が賛否両論の中でやっている赤ちゃんポストの現状。
2011年に預かり受けた新生児の数は、8人だった。 その前の年までは
毎年平均20人前後。 なぜだろう、とアナウンスの声が問いかける。

そりゃあ、震災の影響じゃないの、みんな命や絆の大切さを思い出したんだから、
と思っていると、そうではないという。
不況の影響で、経済的な理由から旅費が工面できず、熊本県までやってこれない
母親が増えているのが原因だという。 困っている母親の数が減っている訳ではなく、
問題は何も解決していない、とそのニュースは締めくくられた。

金曜日には、こんなニュースを見た。
日本の動物の殺処分数は、2010年度は20万頭を超えた(引き取り数は、24万頭以上)。
この殺処分数を減らすため、民主党の作業チームがこんな法律の改正を検討している。 
行政機関に飼いきれなくなったペットが持ち込まれた際、職員が飼い主に理由を聞き、
その内容によっては引き取り拒否ができるようにしよう、という内容だそうだ。

なるほどね。 引き取る数が減れば、殺処分数は必ず減るよね。 
支出も減るから、深刻な財政赤字も少しは軽くなるしね。 バンザーイ!

・・・・これが、今、俺たちが暮らしている日本の現状だ。
もう、この国は駄目なのかな。 それとも、民主党がただバカなだけなのかな。
その見極めが、なぜかつかない。


どんどんおかしくなっていく外の世界とは違い、家の中は穏やかな時間が流れる。
レオは、変わらず毎日とてもいい子だ。

少し蒸し暑くなってきたので食欲が落ちてきたが、これは毎年のことだ。
遊ぶときは、元気に走り回っている。
うちに来て最初の梅雨~夏にかけては、とても心配した。 
でも、エアコンを入れるようになると、食欲はすぐ回復した。

いつもの定食には食い付きが悪くても、おやつのシーバには目がない。
ちょうだい、ちょうだい、と催促する。 まるで、子供のようだ。

生きにくい世の中だが、この家にはそういうものは絶対に持ち込まない。
この仔には、いつまでも子供のように無邪気に暮らしてもらいたい。



IMG_0746_convert_20120603124549.jpg
                    【 この国は、一体どうなるの? 】


Pagination

Utility

プロフィール

Author:リアノン
独身男の一人暮らし。

猫と暮らしたくて、一人で寂しい思いをしている子を、と思い里親募集に申し込んだら、一方的に断られた。

一人暮らしの男に猫と暮らす資格はあるのか? 

これが、このブログのテーマです。

フリーエリア

アクセスカウンター

フリーエリア

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。